[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー、全英優勝で世界1位奪還への序章 ナダルとの「二強時代」再来の予感

男子テニスシングルス世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)は、ウィンブルドン決勝で同6位のマリン・チリッチ(クロアチア)に6-3、6-1、6-4でストレート勝ち。大会史上単独トップとなる8度目の優勝を果たした。ATPワールドツアー公式サイトは、「世界1位への返り咲きを一気に加速させることになる」と世界王者復活の可能性を報じている。

ウィンブルドン優勝で2000ポイント獲得、世界ランキングで3位浮上へ

 男子テニスシングルス世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)は、ウィンブルドン決勝で同6位のマリン・チリッチ(クロアチア)に6-3、6-1、6-4でストレート勝ち。大会史上単独トップとなる8度目の優勝を果たした。ATPワールドツアー公式サイトは、「世界1位への返り咲きを一気に加速させることになる」と世界王者復活の可能性を報じている。

 グランドスラム制覇により、フェデラーはATPランキングで2000ポイントを獲得。昨季ウィンブルドンの4強進出で手にした720ポイントが失効となるため、実質1280ポイントがウィンブルドン開幕時の5265ポイントに上積みされることになる。

 世界ランク3位のスタン・ワウリンカ(スイス)は、まさかの初戦敗退を喫して獲得ポイントはわずか10。同4位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)も右肘痛の影響で準々決勝のトマーシュ・ベルディハ(チェコ)戦を棄権しており、360ポイントしか手に入らない。決勝戦前に公開された記事では、「(ウィンブルドン優勝時には)フェデラーは11か月ぶりにATPランキングのトップ3を奪還することになる」と算出しており、17日に発表されるランキングでは、フェデラーが6545、ジョコビッチが6325、ワウリンカが6140と、フェデラーが2人を抜いて3位へ浮上することが決まっている。

 さらに、記事では「(フェデラーは)感銘すべき復活のシーズンを過ごしている中、今年の終盤で世界1位への返り咲きを一気に加速させることになる」と分析。2012年11月にジョコビッチに明け渡した世界1位の座を視野に入れていると展望している。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集