[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、紫ジャケットに隠された“粋な裏地” 球団公開で米反響「真の史上最高だ」

米プロバスケットボール(NBA)のドラフト会議は20日(日本時間21日)、八村塁(ゴンザガ大)が日本人初となる1巡目でウィザーズから全体9位指名を受けた。会場では有望選手が思い思いの正装で彩り、八村は日の丸のバッジを着けた紫のスーツで熱視線を集めたが、その裏地に秘密があった。ルーツに対する感情がを込めた実物をウィザーズが公開している。

ウィザーズから全体9位指名を受けた八村塁【写真:Getty Images】
ウィザーズから全体9位指名を受けた八村塁【写真:Getty Images】

熱視線を集めた紫ジャケットの裏地に描かれていた2つの柄は…

 米プロバスケットボール(NBA)のドラフト会議は20日(日本時間21日)、八村塁(ゴンザガ大)が日本人初となる1巡目でウィザーズから全体9位指名を受けた。会場では有望選手が思い思いの正装で彩り、八村は日の丸のバッジを着けた紫のスーツで熱視線を集めたが、その裏地に秘密があった。ルーツに対する感情がを込めた実物をウィザーズが公開している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 歴史的快挙となる1巡目指名を受けた八村。ニューヨークのバークレイズセンターの壇上に、紫を基調としたスーツ姿で立った。左の襟元に日の丸のピンバッチを着け、2メートルを超える長身にひと際、映える出で立ちだったが、実はこの装いには秘密が隠されていた様子。それを公開したのが、八村を指名したウィザーズだった。

 公式ツイッターで画像を公開。裏地を見せるようにジャケット広げると、右部分には富士山と白波が立つ海を描いた浮世絵のような刺繍。一方、左側には赤と緑でアフリカの民族的な模様が描かれた刺繍が入っている。投稿では「日本とベナンを代表している」と紹介。両国にルーツを持つ八村の思いが込められた一着であるようだ。

 返信欄には「真の史上最高だ」とファンの熱視線を集めている八村。前日会見では「日本でハーフの子たちが増えて、スポーツで活躍している。僕も見ていてうれしいですし、バスケの代表としてこうしてやれているのはうれしい」と語っていた。日本とベナンに対する思いを持ちながら、NBAのコートに立つ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集