[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中将大、圧巻の2安打完封に辛口NYメディアも絶賛連発「支配的」「キャリア最高級」

米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が、17日(日本時間18日)の本拠地レイズ戦で今季初完封。9回を散発2安打、今季最多の10三振を奪う圧巻投球で5勝目(5敗)を挙げた。二塁を踏ませないほぼ完ぺきな内容でのシャットアウトに、辛口で知られるニューヨークメディアも賛辞を連発している。

田中将大【写真:Getty Images】
田中将大【写真:Getty Images】

普段は手厳しいNYメディアも手放しで絶賛「タナカが輝く」

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が、17日(日本時間18日)の本拠地レイズ戦で今季初完封。9回を散発2安打、今季最多の10三振を奪う圧巻の投球で5勝目(5敗)を挙げた。二塁を踏ませないほぼ完璧な内容のシャットアウトに、辛口で知られるニューヨークメディアも賛辞を連発している。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 ベストピッチと呼ぶにふさわしい圧倒的な投球だった。低めにスプリット、スライダーをきっちりと制球し、三振の山を築いた。111球の無四球完封勝利。うち76球がストライクと崩れる気配すらなかった。

 見事な投球内容に、普段は厳しいニューヨークメディアも手放しで称えている。

 地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「マサヒロ・タナカが完封試合で輝く」の見出しで完封劇を特集。「勝利は2安打の完封劇を演じたマサヒロ・タナカの支配的なピッチングによってもたらされた」と勝利の立役者と称賛している。

 さらに「タナカに対してレイズは今シーズンあまりダメージを与えられていない」として、レイズ戦の相性の良さをデータで紹介。「彼はレイズとの過去2試合計13イニングで、1点しか許しておらず、月曜日にはより良いピッチングを見せた」とア・リーグ東地区で首位を争う相手に対して、安定感抜群の投球を続けていることを高く評価している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集