[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に6Rまで“持った” 旧敵ニエベスが自賛「彼は王者をボコボコにしてるが…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝進出を決めたIBF&WBA王者・井上尚弥(大橋)。スーパーフライ級時代の米デビュー戦でモンスターに敗れた選手は「イノウエは元王者たちをボコボコにしているが、自分は6ラウンドまで戦ったんだ」と回顧。その上で、家族を襲った悲劇を振り返っている。米地元メディア「クリーブランド.com」が報じている。

「Superfly」で井上と対戦した際は6ラウンドTKO負けを喫したニエベス(手前)【写真:Getty Images】
「Superfly」で井上と対戦した際は6ラウンドTKO負けを喫したニエベス(手前)【写真:Getty Images】

米デビュー戦でTKO負けのニエベスが回顧「自分は6ラウンドまで持ったんだ」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝進出を決めたIBF&WBA王者・井上尚弥(大橋)。スーパーフライ級時代の米デビュー戦でモンスターに敗れた選手は「イノウエは元王者たちをボコボコにしているが、自分は6ラウンドまで戦ったんだ」と回顧。その上で、家族を襲った悲劇を振り返っている。米地元メディア「クリーブランド.com」が報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

「誰もがイノウエが元王者たちをボコボコにしているのを見ているが、彼らは自分が6ラウンドまで戦ったということも目撃しているんだ」

 こう語ったのは、IBFスーパーフライ級世界15位のアントニオ・ニエベス(米国)だった。現地時間8日に行われたホセ・アルフレド・ロドリゲス(メキシコ)とのバンタム級での一戦でTKO勝利を飾った男は、2017年9月9日に行われた“あの日の衝撃”を振り返ったという。

 米カリフォルニアで行われたスーパーフライ級の祭典「Superfly」で対戦し、強烈なボディで膝を突き、終始圧倒された。6回TKO負けに終わったが、バンタム級転向後の井上がジェイミー・マクドネル(英国)、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)という世界王者を2回以内でKOした事実を踏まえ、自分の戦いに胸を張っている。

「自分はキャンバスに背中をつけられたわけじゃない。彼の最高のショットを受けた。他の選手のようにね。でも、それも忘れた方がいい。自分が戦っていたのは彼ではないんだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集