[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

堀口恭司、史上初2冠の快挙を敵地米メディア称賛「総合格闘技同級最強の権利主張」

ベラトール世界バンタム級タイトルマッチ(マディソン・スクエア・ガーデン)は14日(日本時間15日)、RIZIN初代同級王者の堀口恭司(アメリカン・トップチーム)が現王者のダリオン・コールドウェル(米国)に3-0(49-46、48-47、49-46)判定勝ち。史上初の2団体王者となった。敵地米メディアは判定勝ちの瞬間を動画付きで速報し、さらに「総合格闘技のバンタム級における最強の選手候補に挙げられる権利を主張した」と称賛の声が上がっている。

堀口恭司【写真:Getty Images】
堀口恭司【写真:Getty Images】

聖地マディソン・スクエア・ガーデンで快挙、「歴史的だ!」の声

 ベラトール世界バンタム級タイトルマッチ(マディソン・スクエア・ガーデン)は14日(日本時間15日)、RIZIN初代同級王者の堀口恭司(アメリカン・トップチーム)が現王者のダリオン・コールドウェル(米国)に3-0(49-46、48-47、49-46)判定勝ち。史上初の2団体王者となった。敵地米メディアは判定勝ちの瞬間を動画付きで速報し、さらに「総合格闘技のバンタム級における最強の選手候補に挙げられる権利を主張した」と称賛の声が上がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 聖地マディソン・スクエア・ガーデンでコールされたのは「Kyoji Horiguchi」の名前だった。判定の瞬間。3-0で勝利がアナウンスさせると、堀口は身長差が13センチあるコードウェルの隣で飛び跳ね、感情爆発。すぐさまチャンピオンベルトを腰に巻かれ、何度も雄たけびを上げた。会場の日本人ファンも涙ぐみながら、その光景を目の当たりにしていた。

 歴史的瞬間を、現地中継した「DAZN USA」公式ツイッターは動画付きで公開。さらに、その価値の大きさを証明するように、現地メディアも続々速報している。米紙「USAトゥデー」の総合格闘技専門サイト「MMAジャンキー」は「ベラトール222結果:キョウジ・ホリグチがダレン・コールドウェルに判定勝ちし、2団体王者に」と見出しを打って特集を組んだ。

 試合展開を振り返った上で「この勝利で、ホリグチはアジア人初のベラトール王者に。さらに、ベラトールとライジンのベルトを同時に持つ初の選手となった」と快挙をレポート。さらに、今後の戦いについても「ホリグチの次のステップは? ベラトールのベルトを防衛する? ライジンのベルトを守る? 時間が経てば分かるだろう」と注目を寄せていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集