[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田は苦笑い… 大谷翔平、173キロ超速弾にMLB仰天「追越し車線を使って…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地ドジャース戦に「3番・DH」で先発出場し、ドジャースの前田健太投手と対戦。初回第1打席でいきなり先制となる7号ソロをお見舞いした。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)の弾丸ライナー弾を、MLBが動画付きで速報。「エクスプレス・レーンを使ってスタンドへ運ぶ」と打球速度に驚いている。

大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平【写真:Getty Images】

第1打席で前田のスライダーを捉え、右翼席に超速ライナー突き刺す

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地ドジャース戦に「3番・DH」で先発出場しドジャースの前田健太投手と対戦。初回第1打席でいきなり先制となる7号ソロをお見舞いした。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)の弾丸ライナー弾を、MLBが動画付きで速報。「エクスプレス・レーンを使ってスタンドへ運ぶ」と打球速度に驚いている。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 マエケンとの日本人対決、第1打席は大谷に軍配だ。初回2死、フルカウントからの甘いスライダーを完璧に捉えた。凄まじい勢いで飛び出した打球は、ライナーで右翼席へ突き刺さった。先制7号ソロ。悠々とダイヤモンドを回る大谷に対して、前田は苦笑いを浮かべるしかなかった。

 MLBは公式ツイッターに「ショウヘイ・オータニがエクスプレス・レーン(高速道路の追越し車線)を使ってスタンドに運ぶ」と記して動画付きで速報した。

 MLB解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度は107.6マイルの超速の一撃だった。瞬く間にスタンドに到達したアーチに、MLBも驚きを隠せない様子だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集