[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復活のゴロフキン、カネロ戦実現へ高まる機運 ファンは待望「他に誰かいるか?」

ボクシングの元世界3団体ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が8日(日本時間9日)、米ニューヨークで行われた再起戦を勝利で飾った。スーパーミドル級のノンタイトル12回戦でIBF世界ミドル級8位、WBC15位スティーブ・ロールス(カナダ)に4回2分9秒KO勝ち。昨年9月にカネロこと現3団体同級統一王者サウル・アルバレス(メキシコ)に判定負けでプロ初黒星を喫し、王座陥落して以来の試合で貫録を見せつけたゴロフキン。試合後には「カネロへの準備はできている!」と3度目の対戦を呼びかけていたが、ファンからも待望する声が続出している。

過去に2度対戦している両者、3度目の対決はあるか【写真:Getty Images】
過去に2度対戦している両者、3度目の対決はあるか【写真:Getty Images】

ゴールデンボーイがファンに呼びかけ「カネロの次のターゲットは誰だ?」

 ボクシングの元世界3団体ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が8日(日本時間9日)、米ニューヨークで行われた再起戦を勝利で飾った。スーパーミドル級のノンタイトル12回戦でIBF世界ミドル級8位、WBC15位スティーブ・ロールス(カナダ)に4回2分9秒KO勝ち。昨年9月にカネロこと現3団体同級統一王者サウル・アルバレス(メキシコ)に判定負けでプロ初黒星を喫し、王座陥落して以来の試合で貫録を見せつけたゴロフキン。試合後には「カネロへの準備はできている!」と3度目の対戦を呼びかけていたが、ファンからも待望する声が続出している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手インタビュー(GROWINGへ)

 鳥肌が立つようなKOシーンは4回だった。がっちりガードを固める相手に対し、頭上の独特な角度から左拳を叩き込んだ。ふらつくロールスに連打で圧力をかける。そのままロープに追い込むと、最後は接近戦から左フックを突き刺した。相手は膝から崩れ落ちて前のめりにダウン。立ち上がろうとしたが、ふらついてロープにもたれかかったところでレフェリーが試合をストップした。

 格下の相手だけに勝利は確実視されていたが、改めて貫録を見せつけた格好のゴロフキン。再びカネロとの激突への機運が高まっているが、カネロをプロモートするゴールデンボーイプロモーションも敏感に反応。公式インスタグラムにゴロフキンが表紙となったリング誌の画像とともに、「カネロの次のターゲットは誰だ?」とファンに呼びかけている。

 コメント欄ではファンが思い思いの意見を書き込んでいるが、やはりゴロフキンの名前が多く上がっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集