[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“宇野勝超え”の珍プレーin韓国 米国で笑撃拡大「これも『頭を使う』一つの例だ」

日本で有名な珍プレーを超える衝撃、いや笑撃の珍事が韓国で飛び出した。韓国のプロ野球・KBOリーグで、ロッテ・ジャイアンツのシン・ボンギ遊撃手がフライを捕り損ね、ヘディングしてしまうまさかの珍場面。

KBOで起きた珍事が米国で話題に(画像はスクリーンショット)
KBOで起きた珍事が米国で話題に(画像はスクリーンショット)

あの伝説珍プレーを彷彿、韓国プロ野球での珍場面に続々反響

 日本で有名な珍プレーを超える衝撃、いや笑撃の珍事が韓国で飛び出した。韓国のプロ野球・KBOリーグで、ロッテ・ジャイアンツのシン・ボンギ遊撃手がフライを捕り損ね、ヘディングしてしまうまさかの珍場面。元中日の宇野勝を彷彿とさせる“ヘディング事件”を超えるプレーを、MLBの動画紹介サイト「Cut4」が「史上最高のヘマだ」と伝え、公式インスタグラムで動画で公開していたが、反響がさらに拡大。米ファンからも「ウソでしょ」「これが『頭を使え』ってことか」などと驚きの声が続々と上がっている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 思わず吹き出してしまう珍プレーの舞台は、5日に行われたKBOリーグ、ロッテ・ジャイアンツとハンファ・イーグルスの一戦だった。3-3の8回1死走者なしの場面。イーグルスの打者は高々とフライを打ち上げた。ロッテの遊撃手シン・ボンギは中堅方向に後退し、落下点に入ってグラブを構えた。平凡な飛球に投手が安心したのも束の間、ボールはグラブをすり抜けるようにしてボンギの頭を直撃したのだ。

 ヘディングした格好となったボンギは背中から後ろに倒れこむ。まさに痛恨の失策かと思われた。しかし、日本の珍プレーとは異なる続きがあった。

 頭で弾んだボールが左翼方向へ、カバーに走っていた左翼手チョン・ジュンウが難なく掴んだのだ。予想だにしない展開に目を丸くして驚きながらも見事にフォローし、グラブを掲げてアウトをアピール。ロッテ側が事なきを得る一方で、相手打者は唖然とした表情でがっくりだ。エラーを免れたボンギは立ち上がり、前髪を上げて額を確認。試合中にもかかわらず、心配そうに駆け寄った味方も苦笑いするワンシーンだった。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集