[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織との2日がかり死闘 惜敗ペールは称賛「悔しいけど、ニシコリは素晴らしい」

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は3日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は同38位のブノワ・ペール(フランス)との2日間、フルセットに及ぶ死闘に競り勝ち、2年ぶり3度目のベスト8進出を決めた。前日の第3セット終了時に日没サスペンデッドとなった試合は、この日フルセットまでもつれる展開に。第4セットはタイブレークの末、ペールが奪い、第5セットもペールが王手を掛けたが、錦織が最後に意地を見せて巻き返した。

錦織(手前)との2日がかりの死闘に敗れたペール【写真:Getty Images】
錦織(手前)との2日がかりの死闘に敗れたペール【写真:Getty Images】

第5セットで5-3まで追い詰めるも4ゲーム連取されて黒星

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は3日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は同38位のブノワ・ペール(フランス)との2日間、フルセットに及ぶ死闘に競り勝ち、2年ぶり3度目のベスト8進出を決めた。前日の第3セット終了時に日没サスペンデッドとなった試合は、この日フルセットまでもつれる展開に。第4セットはタイブレークの末、ペールが奪い、第5セットもペールが王手を掛けたが、錦織が最後に意地を見せて巻き返した。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 地元フランスファンの大声援を味方につけ、勝利をほぼ手中に収めたペールだが、最後は錦織に巻き返された。会見場に姿を見せたペールは「負けて悔しいけど、ニシコリは素晴らしい選手」と、死闘を繰り広げた敵を称えた。前日はセットカウント1-2とリードを許したところで日没順延。翌日に決着を持ち越されたが、「息をつくことができたし、今日はとても感覚が良かった」とネガティブ要素はなかった。

 一夜明けて迎えた第4セットは、先に第3ゲームのブレークに成功したが、第8ゲームでブレークバックされ、タイブレークへ。一進一退の攻防となったタイブレークを10-8で奪い、流れを引き寄せたかに見えた。第5ゲームは2度のブレークに成功し、5-3でサービング・フォー・ザ・マッチで第9ゲームへ突入。だが、ここから4ゲーム連続で失い、悔しい黒星を喫した。

 大会が始まる前は「ローランギャロスで2週目まで残ることが目標だった」という。16強入りを果たし、その目標は達成したが、トーナメントを勝ち上がる過程で意識し始めたのが、“クレーコートの帝王”との対戦だった。錦織との4回戦を勝ち上がれば、準々決勝で全仏優勝11度を誇るラファエル・ナダル(スペイン)との対戦が待っている。「ナダルとどうしても戦いたかったんだ。ローランギャロスの準々決勝で対戦できるなんて最高じゃないか。全フランス人選手が夢見ることだ」。だが、少し先を意識しすぎたのか、勝利は指の間からこぼれ落ちてしまった。

 これで錦織との対戦成績は2勝7敗。再びコートで対峙した時は、借りをしっかり返したい。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集