[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織の目前で 309分の死闘制しワウリンカは充実感 敗れたチチパス「心の底から…」

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は2日、男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク24位のスタン・ワウリンカ(スイス)が同6位のステファノス・チチパス(ギリシャ)を7-6(8-6)、5-7、6-4、3-6、8-6で下し、ベスト8進出を決めた。

スタン・ワウリンカがベスト8進出を決める【写真:Getty Images】
スタン・ワウリンカがベスト8進出を決める【写真:Getty Images】

2015年全仏覇者のワウリンカが死闘制しフェデラーとの8強進出

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は2日、男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク24位のスタン・ワウリンカ(スイス)が同6位のステファノス・チチパス(ギリシャ)を7-6(8-6)、5-7、6-4、3-6、8-6で下し、ベスト8進出を決めた。互いに一歩も譲らぬ5時間9分の激戦に終止符が打たれると、両者は大きなハグをかわし、客席からスタンディングオベーションが沸き起こった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 第1セットから一進一退の攻防を繰り広げた。両者がサービスゲームをキープし続け、タイブレークに突入したがワウリンカが奪った。第2セットは先にチチパスがブレークに成功するが、すぐにイーブンに戻され、最後は第12ゲームでブレークに成功したチチパスが1-1に戻した。

 気温30度を超える暑さの中、1セットに約1時間がかかる長期戦。しかも、息の詰まる攻防が展開される中、第3セットはワウリンカ、第4セットはチチパスが取り、勝負は第5セットに持ち越された。

 両者ともに飛び込んでボールをレシーブするなど、魂のこもったプレーを披露。汗と赤土でドロドロになりながらも勝負を諦めなかった。第5セットも互いに譲らず6-6となったが、全仏ではファイナルセットはタイブレークが採用されず、2ゲーム差がつくまで戦いが続けられる。永遠とゲームが続きそうな予感さえしたが、第14ゲームでワウリンカがラインギリギリにスライスショットを決め、試合終了。ようやく終わった戦いに安堵の表情を浮かべた。

 2015年全仏覇者のワウリンカは、試合後「ここへ戻ってきた理由はこれだ。ファンを前にテニスをすること、参加できる最大のトーナメントでプレーすることが、何よりもの楽しみだ。今日は本当にスペシャルだった」と感激を隠さなかった。一方、敗れたチチパスは「人生でこんな試合は経験したことがない。心の底からガッカリしている。気持ちの整理をつけるのは難しいが、できる限りいい教訓にしたい」と悔しがった。

 8強入りしたワウリンカは、準々決勝で同郷のロジャー・フェデラーと対戦する。今大会絶好調のフェデラーは、ここまで1セットも落としていない。泥臭く勝ち上がったワウリンカと、スマートに勝ち上がったフェデラーの同郷対決に注目が集まる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集