[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥を“怒らせた事件”に海外メディア再注目「“モンスター”イノウエは…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。事実上の決勝と呼ばれた試合前の公開練習では、ロドリゲス陣営を視察した父・真吾トレーナーが突き飛ばされる騒動も話題となったが、海外メディアでは試合後の王者のセリフを改めて紹介。脚光を浴びせている。

エマヌエル・ロドリゲスを2回TKOで下した井上尚弥【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲスを2回TKOで下した井上尚弥【写真:Getty Images】

公式練習でロドリゲス陣営と真吾トレーナーのひと悶着も紹介

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。事実上の決勝と呼ばれた試合前の公開練習では、ロドリゲス陣営を視察した父・真吾トレーナーが突き飛ばされる騒動も話題となったが、海外メディアでは改めて脚光を浴びせている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 グラスゴーのSSEハイドロで見せた無敗王者ロドリゲス相手に見せた259秒KO劇の余韻に包まれるボクシング界。米ネットワーク「ESPN」のスペイン語版格闘専門メディアの「ESPN ノックアウト」の公式ツイッターではロドリゲス撃破の一因となったモンスターのコメントを紹介している。

 英国から帰国した空港で、相手陣営の真吾トレーナーに対する振る舞いに腹を立てていたことを明かしており、その際の発言に脚光を浴びせている。

 その上で、ツイートでは「“モンスター”ナオヤ・イノウエはWBSS準決勝を前にマニー・ロドリゲスのコーチが父でトレーナーのシンゴ・イノウエを突き飛ばしたことに対し、気分を害したことを認める」とアクシデントの経緯にも触れている。

 現地で行われた公開練習での一幕だった。真吾氏がリング上でシャドーするロドリゲスを撮影していると、トレーナーのウィリアム・クルーズ氏が歩み寄った。真吾氏を左手で突き飛ばし、撮影を止めさせようとしたのだ。

 この一部始終をWBSS公式ツイッターが動画で公開したことで、海外のファンは「この愚か者がモンスターを目覚めさせてしまった」「最悪のミスだ」などとSNS上でクルーズ氏の振る舞いへの批判の声が上がっていた。

 ロドリゲス陣営の父親への挑発に対する怒りを胸に秘め、3度のダウンで強烈にお返しした“モンスターの流儀”は南米でも注目されている。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集