[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

問題児ネリ、次戦でパヤノとの対戦急浮上 米メディア「井上を凌駕するのは不可能」

ボクシングのWBC世界ランク1位のルイス・ネリ(メキシコ)が7月20日に同4位のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦する可能性が急浮上している。パヤノは昨年ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)初戦で井上に70秒KO負けを喫した相手だが、米メディアでは「ネリの井上超えは不可能な状況」と分析。モンスターの衝撃を超えることはできないと指摘している。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

パヤノかウォーレンの元スーパー王者が対戦相手に浮上

 ボクシングのWBC世界ランク1位のルイス・ネリ(メキシコ)が7月20日に同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦する可能性が急浮上している。パヤノは昨年ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)初戦で井上に70秒KO負けを喫した相手だが、米メディアでは「ネリの井上超えは不可能な状況」と分析している。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 ネリは元世界王者・山中慎介との2試合でドーピングと体重超過のスキャンダルを起こし、日本ボクシング界から永久追放された問題児。井上に敗れるまでKO負けのなかった強豪との対戦が浮上した。

 米メディアによると、ネリの次戦は6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)がキース・サーマン(米国)を迎えるWBA世界ウェルター級タイトルマッチの前座試合に決定。対戦相手にはパヤノかルーシー・ウォーレン(米国)という元WBAスーパー王者の2人が候補に挙がっているが、ネリにとってはパヤノこそ避けたい相手だという。

 記事では「パヤノはネリにとって失望の選択肢になる。昨年10月7日、横浜アリーナでナオヤ・イノウエによる1ラウンドKOパフォーマンスに挑戦し、凌駕することは不可能な立場だからだ」と伝えている。

 米放送局「FOXスポーツ」のペイ・パー・ビュー(PPV)での放送となる一戦。リング誌の年間最優秀KO勝利に輝いた、井上の衝撃の70秒KO劇に挑むことはネリにとって不可能だと記事では分析している。

 そして「才能溢れるサウスポー、ネリはイノウエより、もしかするとパワーに優れている、素晴らしいファイターだが、イノウエほどのスピードでパヤノを倒さなければ、何も手にできないだろう」とも続けている。難敵パヤノ戦が実現すれば、興味深い一戦となりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集