[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に完敗マクドネルが“モンスターの恐怖”を告白「最初の一発で衝撃を受けた」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が英スコットランド・グラスゴーでIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(日本時間19日早朝)に挑む。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

英メディアに登場、井上戦の“恐怖体験”回顧「今となっては言える。彼のパワーはまさに…」

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が英スコットランド・グラスゴーでIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(日本時間19日早朝)に挑む。昨年5月、井上のバンタム級昇格初戦となるタイトルマッチで1回1分52秒でTKO負けを喫した元王者ジェイミー・マクドネル(英国)は地元中継局に登場。「今となっては言える。彼のパワーはまさに本物だった」と恐怖のモンスター体験を告白している。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 事実上のWBSS決勝とされるこの一戦。井上は前日計量で研ぎ澄まされたバッキバキの肉体を披露し、現地ファンを沸かせたが、試合はボクシング熱高まる英国で最大の衛星放送「スカイスポーツ」で生中継される。同局では昨年5月、井上のバンタム級昇格初戦となるタイトルマッチで112秒で敗れた元王者マクドネルが登場。モンスターの恐ろしさを改めて振り返っている。

「マネージャーでトレーナーのデイブが言ったんだ。下の階級から上がってくる日本の男がいる。その男との戦いのために日本に行くことになる、と。ファイトマネーはいい。全て順調に見える、と。その男の名前はイノウエだと言っていた。自分はほとんどボクシングを見ないので、自分にとってはその名前は何の意味もなかった。日本に行ってタイトルを防衛するだけだった」

 マクドネルは井上について知らなかったようだ。特集では「信じられないほどの自信を持ちながら、プロ選手としては知識が欠けていた」と指摘された元王者は井上についての情報をスーパーバンタム級で戦う双子の弟ギャビンに初めて聞かされたという。「ギャビンがいかに彼が優秀か教えてくれたんだ。試合についても語ってくれた」とした上で、さらにこう語ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集