[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

右翼から150キロ! 3冠王候補のライトゴロ演出“レーザー送球”に称賛「右翼手の夢」

米大リーグ、ドジャーズのコディ・ベリンジャー外野手が強肩で、珍しいライトゴロを演出するシーンが話題を呼んでいる。チームの右腕・柳賢振がノーヒッターを続ける中で、安打を阻止する好守の瞬間をMLBが動画付きで公開。ファンからは「普通じゃない」などと称賛の声が相次いでいる。

コディ・ベリンジャー【写真:Getty Images】
コディ・ベリンジャー【写真:Getty Images】

ベリンジャーのレーザー送球に相次ぐ称賛

 米大リーグ、ドジャーズのコディ・ベリンジャー外野手が強肩で、珍しいライトゴロを演出するシーンが話題を呼んでいる。チームの右腕・柳賢振がノーヒッターを続ける中で、安打を阻止する好守の瞬間をMLBが動画付きで公開。ファンからは「普通じゃない」などと称賛の声が相次いでいる。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 12日(日本時間13日)の本拠地ナショナルズ戦。驚かせたのはベリンジャーのレーザービームだった。6回1死で相手の先発右腕・ストラスバーグが右前に運んだ。ここまでノーヒットのナショナルズ打線。ついに初ヒットか、そう思われた瞬間だ。

 やや右翼線寄りの打球を猛チャージして捕球。そして、迷うことなく一塁へ送球した。糸を引くようなレーザー送球で間一髪アウトに。打者がストラスバーグでやや前寄りの位置だったことも功を奏したが、見事なプレーだった。

 ベリンジャーの送球はMLBの解析システム「スタットキャスト」によると、93マイル(約150キロ)を計測。実際のシーンをMLBが公式インスタグラムで動画で公開すると、ファンからは称賛のコメントが続々と寄せられている。

「すべての右翼手の夢」
「もしベリが今シーズンのゴールドグラブを受賞しなかったらシステムがおかしい」
「ベリンジャーができないことは?」
「もしピッチャーにノーヒッターを終わらせられたらどれくらい怒る?」
「キャノン」
「普通じゃない。ベリンジャーはおかしい」

 柳は結局、8回に初安打を浴び、ノーヒットノーランは逃したがチームは6-0で勝利。ベリンジャーは3打数3安打で打率はリーグトップの.407に。14本塁打数はリーグ2位で、38打点はリーグトップ。目下、3冠王に最も近い23歳は守備でも魅了した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集