[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ご満悦の1枚!? GG賞名手が“本塁打強奪”をSNSに… 米反響「史上最高のプロフ写真」

写真で分かる超美技の凄さ、米ファン興奮「芸術的だ」

 跳び上がったレディックは肘から上、実に50センチはフェンスを超えてグラブで捕球している。しかも、後方にフェンスがある状況ながら、キャッチの瞬間までしっかりとボールを目線で追っていることが見て取れる。スーパーキャッチの“証拠写真”を目の当たりにしたファンも興奮を甦らせている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

「なんてキャッチだ! スパイダーマン、素晴らしい」
「最高だった」
「素晴らしいキャッチ!!」
「あのキャッチは並外れていた」
「史上最高のプロフィール写真」
「アメージング」
「試合を救った」
「新たなエアジョーダン」
「芸術的だ」
「美しい」
「ピーター・パーカー?」
「僕の新しいスクリーンセーバー」

 コメント欄では、このように大反響を呼んでいた。12年にはゴールドグラブ賞を受賞したこともある32歳の名手。実際に現在もツイッターのアイコンに設定されており、圧巻のスーパーキャッチがレディックのSNS上の“顔”となっている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集