[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンビードが33得点大暴れ “強烈ウィンドミル”に米熱狂「76ersがラプターズ破壊」

米プロバスケットボール(NBA)のプレーオフ、東カンファレンス準決勝第3戦(7回戦制)は76ersがラプターズを116-95で下し、2勝1敗とした。大黒柱のジョエル・エンビードが33得点、10リバウンド、5ブロックの大暴れ。ノリノリの勢いを証明するように、第4クォーターには強烈なウィンドミルを炸裂させ、熱狂の渦に巻き込んだ。実際のシーンをNBAが動画付きで公開すると、米ファンに「76ersがラプターズを破壊した」「ジョジョはリーグで最も止められない選手」と反響を呼んでいる。

ラプターズとの第3戦で33得点を記録したジョエル・エンビード【写真:Getty Images】
ラプターズとの第3戦で33得点を記録したジョエル・エンビード【写真:Getty Images】

33得点10リバウンド5ブロックの大暴れでラプターズに2勝1敗

 米プロバスケットボール(NBA)のプレーオフ、東カンファレンス準決勝第3戦(7回戦制)は76ersがラプターズを116-95で下し、2勝1敗とした。大黒柱のジョエル・エンビードが33得点、10リバウンド、5ブロックの大暴れ。ノリノリの勢いを証明するように、第4クォーターには強烈なウィンドミルを炸裂させ、熱狂の渦に巻き込んだ。実際のシーンをNBAが動画付きで公開すると、米ファンに「76ersがラプターズを破壊した」「ジョジョはリーグで最も止められない選手」と反響を呼んでいる。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 会場の度肝を抜いた。108-84とリードした第4クォーター残り5分だ。中央3ポイントエリア外でボールを受けたエンビードはシュートフェイントで軽やかに相手を交わし、フリーのままペイントエリアに突入。そして、次の瞬間だった。跳び上がった背番号21はボールを持った右腕を回すようにして、リングに叩きつけた。圧巻のウィンドミルだ。

 激しいリングの衝突音を残した一撃に会場は熱狂。エンビードもどうだとばかりに両手を広げて走り回り、派手にパフォーマンスをしてのけた。ノリノリだったこの日のプレーを象徴するようなシーン。NBA公式インスタグラムが実際のシーンを動画付きで公開すると、コメント欄は米ファンから興奮の声が相次いでいる。

「シクサーズがファイナルに行くと思う!」
「76ersがラプターズを破壊した。頑張れ、76ers」
「最高のセンター」
「ジョジョはリーグで最も止められない選手」
「ラプターズのプレーオフモード発動」
「エンビードはリーグで最も支配的な選手」

 この日は33得点、10リバウンド、5ブロックの大暴れしたエンビード。貴重な2勝目をもたらし、ファイナル進出へ向け、貢献した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集