[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

人類最速の速球王は変化球もスゴイ 曲がり過ぎスライダーに震撼「これはおかしい」

米大リーグ、カージナルスの“速球王”ジョーダン・ヒックス投手が驚愕の変化量を誇るボールでもファンを震撼させている。右打者の内角から急激に変化。真ん中へのボールだったが、思わず打者の腰が引けてしまう驚きの1球をMLBが公式ツイッターで動画を公開。ファンからは「この投球はおかしい」「何だこりゃ」などと続々と驚きの声が上がっている。

ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】
ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】

最速169キロの“速球王”ヒックスの驚愕スライダーが話題

 米大リーグ、カージナルスの“速球王”ジョーダン・ヒックス投手が驚愕の変化量を誇るボールでもファンを震撼させている。右打者の内角から急激に変化。真ん中へのボールだったが、思わず打者の腰が引けてしまう驚きの1球をMLBが公式ツイッターで動画を公開。ファンからは「この投球はおかしい」「何だこりゃ」などと続々と驚きの声が上がっている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手(GROWINGへ)

 人類最速タイの105.1マイル(約169.1キロ)を誇ることで知られる22歳のヒックスは、変化球も超一級品だった。17日(日本時間18日)のブルワーズ戦、9回に登板したストッパーが先頭のブラウンを迎えた場面だ。3ボールからの4球目。一瞬厳しく内角を突くようなコースに見えたが、手元でまさしく急変化。真ん中付近でストライクとなった。

 強打者ブラウンが思わずのけぞり、捕手のウィータースも捕球を一瞬戸惑うほどの驚愕のスライダー。MLBは「ヒックスとの対戦は絶対に楽しくない」とつづり動画を公開すると、ファンもぞっとしている様子だ。

「彼を指導するのは、同じく絶対に楽しくない」
「この投球はおかしい!!!」
「フェアじゃない。偽物に見える」
「エグい」
「何だこりゃ」
「キャッチするのも絶対に楽しくない」

 結局ブラウンは歩かせたが、次打者を併殺に打ち取り、最後も空振り三振で締めた。この日の最速は102マイル(約164キロ)。今季4セーブ目を挙げた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集