[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗「連覇を狙える立場は光栄」 五輪出場権へ重要な一戦、7月のジャパンOPへ意欲

連覇で東京五輪へ弾みをつける。7月に東京で行われるバドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」(7月23~28日、東京都・武蔵野の森総合スポーツプラザ)の開催記者発表会が17日に行われ、男子シングルスに出場予定の桃田賢斗(NTT東日本)は「今年も優勝できるように、1回戦から強い気持ちで臨みたい。今まで、どの大会も連覇をしていないかもしれない。連覇を狙える立場にいるということが光栄」と2連覇に意欲を示した。

桃田賢斗【写真:平野貴也】
桃田賢斗【写真:平野貴也】

7月に東京で行われるジャパンオープンの記者発表に出席

 連覇で東京五輪へ弾みをつける。7月に東京で行われるバドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」(7月23~28日、東京都・武蔵野の森総合スポーツプラザ)の開催記者発表会が17日に行われ、男子シングルスに出場予定の桃田賢斗(NTT東日本)は「今年も優勝できるように、1回戦から強い気持ちで臨みたい。今まで、どの大会も連覇をしていないかもしれない。連覇を狙える立場にいるということが光栄」と2連覇に意欲を示した。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 2020年の東京五輪に向けた重要な大会だ。バドミントンは、今月29日から来年4月26日までの1年間の成績が反映される2020年4月30日付の世界ランキングによって、2020年東京五輪の出場権獲得選手が決まる。同大会は、世界のトップ選手が出場するBWFワールドツアーの一戦。中でもスーパー750というレベル3の高い格付け(ツアーの年間成績上位者のみが出場するワールドツアーファイナルズがレベル1、レベル2のスーパー1000は、全英とインドネシアオープン、中国オープンの3大会のみ。スーパー750は年間5大会)で、高いポイントが設定されており、五輪出場権獲得レースの要所となる。

 桃田は、今後、23日に開幕するアジア選手権(中国、武漢)に出場。5月19日開幕の男女混合国別対抗戦のスディルマンカップ(中国、南寧)から五輪レースに臨む。桃田にとって、五輪レースは、4年越しの再挑戦だ。前回は、五輪を目前で棒に振った。2016年4月、当時世界ランク2位だったが、違法賭博店の利用が発覚し、出場停止処分を受けて戦線離脱となった。

 今度こそ、レースを完走し、大舞台に立つつもりだ。桃田は「レースだからと力を入れ過ぎずに自分らしく頑張りたい。良いときも悪いときもあると思うけど、悪いときに自分のことだけで精一杯にならず、関わるすべての人に感謝の気持ちを持ってプレーすることが一番大事」と五輪レースに臨む意気込みを語った。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集