[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織撃破の28歳、10度BP凌ぐ展開は想定済み!? 「ケイのようなリターナー相手は…」

男子シングルス世界ランク6位の錦織圭(日清食品)は17日のロレックス・モンテカルロ・マスターズ2回戦で同49位のピエールユーグ・エルベール(フランス)に5-7、4-6でよもやのストレート負け。昨年準優勝だった大会でいきなり姿を消すことになった。錦織相手に10度ブレークポイントを凌ぎ切った28歳は「ケイのようなリターナー相手に覚悟していた」と振り返っている。地元紙「レキップ」が報じている。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

エルベールは10度のブレークポイントを凌ぎ金星

 男子シングルス世界ランク6位の錦織圭(日清食品)は17日のロレックス・モンテカルロ・マスターズ2回戦で同49位のピエールユーグ・エルベール(フランス)に5-7、4-6でよもやのストレート負け。昨年準優勝だった大会でいきなり姿を消すことになった。錦織相手に10度ブレークポイントを凌ぎ切った28歳は「ケイのようなリターナー相手に覚悟していた」と振り返っている。地元紙「レキップ」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 昨年準Vで「マスターズ1000」初優勝の期待を集めていた錦織がジャイアントキリングの餌食となった。

 ブレークポイントのチャンスを10回迎えながらも、エルベールの粘りに屈した。ミスを連発、最後はストロークでも押され、過去2戦全勝だった相手に星を落とした。

「本当に嬉しいよ。スーパーな試合をできたんだ」。28歳のご当地選手はこう振り返っていた。10度のブレークポイントのピンチを水際で凌ぎ切ったエルベールは「彼は数多くのブレークのチャンスを手にしたのに、自分はうまく対応できた。ケイのようなリターナー相手に自分は覚悟していたんだ」と分析。劣勢も想定内だったと振り返っている。

 エルベールは3回戦では世界13位のボルナ・チョリッチ(クロアチア)を迎える。「またしても自分が本命でない試合になる。でも、自分のテニスをするまでだ」と意気揚々。錦織に続いての大物食いを目指す。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集