[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロッドマンも喝采! 24歳“怪童”の強引すぎるダンクに米震撼「これは暴力である」

米プロバスケットボール(NBA)はプレーオフ1回戦の第2戦を行い、バックスの若きスーパースター、ヤニス・アデトクンボが26得点12リバウンドのダブルダブルを達成。第2クオーター(Q)では、強靭なフィジカルで相手を弾き飛ばして決める、らしいプレーをNBAが動画で公開。規格外の一撃にファンを震撼させている。

ヤニス・アデトクンボ【写真:Getty Images】
ヤニス・アデトクンボ【写真:Getty Images】

バックスのアデトクンボがダブルダブルの活躍、規格外ダンクで沸かせる

 米プロバスケットボール(NBA)はプレーオフ1回戦の第2戦を行い、バックスの若きスーパースター、ヤニス・アデトクンボが26得点12リバウンドのダブルダブルを達成。第2クオーター(Q)では、強靭なフィジカルで相手を弾き飛ばして決める、らしいプレーをNBAが動画で公開。規格外の一撃にファンを震撼させている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 24歳のスーパースターが規格外のスーパーダンクで沸かせた。第2Qの残り9分20秒。パスを受けたヤニスはそのままドリブルでペイントエリアに進入。正面のマーカーをフィジカルで押し返し、3人に囲まれた状態をものともせず、そのまま跳び上がると長い右手を伸ばして豪快にリングに叩きつけた。

 パワフルな、これぞヤニスというド派手なダンクシーンを、NBAは公式インスタグラムに「ヤニス・アデトクンボが強引にスラム!」と題して動画を公開。相手をまるで子ども扱いするかのような場面を目の当たりにしたファンからも驚きの声が上がっている。

「ファイナルまで行けばMVP」
「この動き、シャックみたいにも見える」
「こんなのフェアじゃない」
「ピストンズ、ご愁傷様」
「これは暴力である」
「彼と対峙するのはやめたほうがいい」
「相手選手を申し訳なく思う」

 投稿にはレジェンド、デニス・ロッドマンも反応していた。

 チームはこれで2連勝。第1戦ではフリースローライン付近から跳躍するとんでもないダンクを叩き込むなどし、ファンに衝撃を与えていたが、この試合でも26得点12リバウンドと絶好調だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集