[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、出遅れをライバル国の識者はどう見た? 「この結果に驚きはなかった」

フィギュアスケートの世界選手権は20日、女子ショートプログラム(SP)でグランプリ(GP)ファイナル覇者の紀平梨花(関大KFSC)は70.90点で7位と出遅れた。冒頭のトリプルアクセルが抜けてしまったことが響いた。得意のフリーで巻き返しを狙うが、ライバルのロシアの識者は紀平についてどう見たのだろうか――。

紀平梨花【写真:AP】
紀平梨花【写真:AP】

ロシアの専門家も紀平の出遅れは想定内

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、女子ショートプログラム(SP)でグランプリ(GP)ファイナル覇者の紀平梨花(関大KFSC)は70.90点で7位と出遅れた。冒頭のトリプルアクセルが抜けたことが響いた。得意のフリーで巻き返しを狙うが、ライバルのロシアの識者は紀平についてどう見たのだろうか――。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 元ロシアのアイスダンス選手でソルトレークシティー五輪銀メダルのイリヤ・アベルブフ氏のコメントを伝えているのは、ロシア紙「コムソモリスカヤプラウダ」だ。同氏は紀平の出遅れについて驚きはなかったという。

「彼女は今シーズンSPをうまく滑れず、フリーでミスのない演技をしてきました。思うにフリーの方が心理的に楽に滑れるのでしょう。(フリーで)彼女のトリプルアクセルが見られると思います。しかし、(SPでの)出遅れはかなりのものです」

 紀平は今季、世界最高得点となる82.51点を記録したGPファイナル以外は軒並み出遅れている。それでもフリーで圧巻の演技を見せて巻き返し頂点に立ってきた。ロシアの専門家にもそのイメージがついているようだ。2012年世界選手権銀メダリストのアリョーナ・レオノワ氏も「この結果は予想できたものだった」と同調する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集