[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、出遅れをライバル国の識者はどう見た? 「この結果に驚きはなかった」

逆転Vへノーミスの演技が必要不可欠

「この結果は実際に私を驚かせなかった。一番大切なのは、彼女は今、メダルをつかむのにとても難しい状況にあるということです。キヒラはリスクを冒してフリーで2度、トリプルアクセルを跳び、プログラムをミスなしで滑り切らなければならない。この場合においてのみ、彼女が表彰台に上がるチャンスがあるでしょう」

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 ロシアのスポーツ紙「スポルトエクスプレス」でこう語っている。また1988年のカルガリー五輪のアイスダンス金メダルのナタリア・ベステミアノワ氏も同紙で、紀平についてこう語っている。

「彼女はうまく滑りました。しかしトリプルアクセルで乱れ、ここで11点もしくは10点失いました。残りのエレメンツは正しくやりました。何が彼女のミスの原因となったかはわかりません」

 首位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)とは11.18点差開いており、逆転にはノーミスの演技が必要不可欠。今季の国際大会6戦6勝のうち、逆転Vが4度。状況は厳しいが、それをやってのけるポテンシャルを紀平は持っている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集