[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー撃破のティエム、王者翻弄の15秒ラリーに実況興奮「センセーショナル!」

テニスのBNPパリバ・オープンは17日(日本時間18日)、男子シングルス決勝が行われ、世界ランク8位のドミニク・ティエム(オーストリア)が同4位ロジャー・フェデラー(スイス)を3-6、6-3、7-5の逆転で破り、「ATPマスターズ1000」タイトルで初優勝を果たした。

決勝でロジャー・フェデラーを下したドミニク・ティエム【写真:Getty Images】
決勝でロジャー・フェデラーを下したドミニク・ティエム【写真:Getty Images】

第1セットでの凄まじいラリーの応酬に反響

 テニスのBNPパリバ・オープンは17日(日本時間18日)、男子シングルス決勝が行われ、世界ランク8位のドミニク・ティエム(オーストリア)が同4位ロジャー・フェデラー(スイス)を3-6、6-3、7-5の逆転で破り、「ATPマスターズ1000」タイトルで初優勝を果たした。ATP公式中継サイト「テニスTV」は熾烈なラリーからのフェデラーの股抜きショットを、強烈なボレーで決める瞬間を動画で公開。実況も「センセーショナル!!」と絶叫する一打に、ファンも大興奮だった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ティエムが王者フェデラーを翻弄した。第1セットの第5ゲームだ。フェデラーのサービスから始まったラリーは息をのむハイレベルな攻防だった。ロブで頭上を狙ったティエムに対し、フェデラーは猛然と追いかけてリターン。すると、今度はドロップショットで前に落とし、再びフェデラーを走らせる。

 なんとか追いつき返球するフェデラーに対し、またもティエムはロブを繰り出し後ろへ。再び追いすがる王者は股抜きショットで対抗。しかし、最後はティエムが強烈なボレーを叩き込み、ポイントを奪ってみせた。約15秒間のラリーは見応え十分だった。

 この瞬間に現地の実況は「センセーショナル!!」と絶叫。両者が技術をぶつけ合った攻防にファンは喝采を上げている。「テニスTV」公式インスタグラムが公開した動画には「マジカル!!」「最高のテニス」「天才たち」「すごい!」などと反響が寄せられている。

 第1セットは落としたものの、粘り強く戦い第2、3セットと連取し、逆転で優勝を飾ったティエム。大会史上最多6度目の優勝を狙ったフェデラーを破って掴んだマスターズ1000のビッグタイトルで、今季は更なる飛躍を遂げそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集