[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

樋口新葉、高校卒業を報告 “最後の制服姿”に祝福相次ぐ「晴れやかな笑顔」

フィギュアスケートの樋口新葉(開智日本橋学園高)が15日、インスタグラムを更新。母校の卒業式に出席したことを制服姿の画像付きで報告し、ファンから祝福が続々。「晴れやかな笑顔」「ますます輝いて」と温かいエールが送られている。

樋口新葉【写真:Getty Images】
樋口新葉【写真:Getty Images】

中高6年間在籍した母校卒業を報告「感謝の気持ちでいっぱいです」

 フィギュアスケートの樋口新葉(開智日本橋学園高)が15日、インスタグラムを更新。母校の卒業式に出席したことを制服姿の画像付きで報告し、ファンから祝福が続々。「晴れやかな笑顔」「ますます輝いて」と温かいエールが送られている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 飛躍の6年間、在籍した母校から巣立ちの時を迎えた。樋口はインスタグラムを更新し、1枚の画像を投稿。卒業証書授与式と書かれた看板の隣で「樋口新葉」と記された卒業証書を手に持ち、笑みを見せている。左胸に花を挿し、紺のブレザーにチェックのスカートで制服姿。リンクの上の大人っぽさとは打って変わった18歳らしい姿だった。

 投稿では「6年間通った日本橋女学館、開智日本橋学園高等学校を卒業しました」とつづり、母校に対する思いをつづった。「あっという間に過ぎた6年間、なかなか学校も行けずみんなと過ごせた時間は少ない中学、高校生活でした」と振り返りながら、練習、大会で忙しい自身を支えてくれた友人、先生に感謝した。

「スケートを頑張るため、新しい環境を求めてこの学校に入り良い先生方、友人に恵まれ、本当にいい環境の中で学校生活、練習に励むことができました。そんな環境の中にいられたことに、無事卒業できたことに感謝の気持ちでいっぱいです」などとつづり、中高6年間の経験を活かして大学生活に意欲も燃やした。

 ファンからは「卒業おめでとう」と祝福が相次ぎ、「晴れやかな笑顔」「制服かわいい」「氷の上では大人にみえたけど高校生だったんですね!」「大学生としても、ますます輝いてください」などと反響を呼んでいた。

 中高6年間でジュニアから一気にシニアのトップ選手に上り詰めた樋口。昨季は世界選手権で銀メダルを獲得したことも記憶に新しい。今季は苦しいシーズンとなったが、環境も一変する大学生として新たなスタートを切る。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集