[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西岡良仁、3時間死闘に米記者興奮「とても楽しかった試合」 海外メディアも拍手喝采

テニスのBNPパリバ・オープンは11日(日本時間12日)、男子シングルス3回戦で世界ランク74位の西岡良仁(ミキハウス)が同58位のフェリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)との死闘を2時間56分で制し、海外メディアから拍手喝采を浴びた。

2時間56分の死闘を制した西岡良仁【写真:Getty Images】
2時間56分の死闘を制した西岡良仁【写真:Getty Images】

劇的な勝利で18歳のホープを破った西岡を海外も続々絶賛

 テニスのBNPパリバ・オープンは11日(日本時間12日)、男子シングルス3回戦で世界ランク74位の西岡良仁(ミキハウス)が同58位のフェリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)との死闘を2時間56分で制し、海外メディアから拍手喝采を浴びた。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 男子テニス界期待のホープ、18歳アリアシムを6-7、6-4、7-6で破り、2年ぶりの16強入りを果たした西岡に世界の称賛が相次いだ。第3セットのタイブレーク、3-5のビハインドから巻き返した23才の「侍」に試合後インディアンウェルズの会場もスタンディングオベーションで迎えた。

 米紙「ニューヨーク・タイムズ」の記者、ベン・ローゼンバーグ氏は「とても、とても楽しかった試合」とツイッターで評し、度重なる逆境に屈しなかった西岡のメンタルを絶賛。ESPNの解説者、ダレン・ケイヒル氏が「今最も強い若手」と称するオジェ・アリアシムは最終セット1-5のビハインドから挽回し、3度のマッチポイントをはね退け、勝利目前となった。

 だが、西岡も負けずにラスト4ポイントを連取し、インディアンウェルズで2017年以来、2度目のベスト16進出を決めた。テニスライターのJ・フレッド・シデュ氏は「信じれないマッチ!」とツイッターで興奮気味に試合を振り返り、西岡の劇勝を「素晴らしい」と手放しに評価した。

 米テニス専門局「テニスチャンネル」公式ツイッターも「な・ん・て試合だ」と18才の新星相手に西岡の奮闘を褒めちぎった。今シーズン初のATPマスターズ1000大会、砂漠での西岡の躍進は続く。

(THE ANSWER編集部)

FORMULA 1 モナコグランプリ 5/23(木)~5/26(日)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集