[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三原舞依、美しき演技の完全Vを海外メディア絶賛「またしても完璧な演技」

ユニバーシアード冬季大会(ロシア・クラスノヤルスク)のフィギュアスケート女子フリーは9日、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(シスメックス)が144.76点、合計220.68点で優勝。女子では2009年大会の中野友加里以来、5大会ぶりの優勝を飾った。見事に頂点に立った三原のフリーの演技を動画で公開している五輪メディアは「またしても完璧な演技を見せた」と称賛している。

三原舞依【写真:Getty Images】
三原舞依【写真:Getty Images】

SPのリードを生かしての優勝、五輪メディアが絶賛

 ユニバーシアード冬季大会(ロシア・クラスノヤルスク)のフィギュアスケート女子フリーは9日、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(シスメックス)が144.76点、合計220.68点で優勝。日本勢の女子では2009年大会の中野友加里以来、5大会ぶりVを飾った。見事に頂点に立った三原のフリーの演技を動画で公開している五輪メディアは「またしても完璧な演技を見せた」と称賛している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 最終滑走で登場した三原。冒頭の3回転ルッツ―3回転トウループで見事に着氷。ダブルアクセル、3回転ループも美しく降りた。コンビネーションジャンプもしっかりと決めるなど、ノーミスで演技を終え、最後は笑顔でガッツポーズも飛び出した。

 日本勢で10年ぶりの頂点に立った三原の演技を、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」が「日本の大学生が、ロシアのユニバーシアード冬季大会で今シーズン初優勝を飾る」と題してレポートしている。

 フリーでは全体2位の得点となったが、SPでの約5点のリードをそのまま守り切り「合計220.68点はタイトルに十分だった」と伝えている。

「ミハラは冒頭の3回転ルッツ―3回転トウループを難なく決めると、またしても完璧な演技を見せた」

 記事ではノーミス演技を「完璧」と称賛。世界選手権の舞台には立てなかったが、ロシアの地で19歳の大学生がこれ以上ない輝きを放った。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集