[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三原舞依、完璧演技で日本勢10年ぶりの優勝! 竹野も6位入賞…ユニバーシアード

ユニバーシアード冬季大会(ロシア・クラスノヤルスク)のフィギュアスケート女子フリーは9日、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(シスメックス)が144.76点、合計220.68点で優勝。女子では2009年大会の中野友加里以来、5大会ぶりの優勝を飾った。エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が214.77点で2位。スタニスラワ・コンスタンチノワ(ロシア)が205.91点で3位。SP3位の竹野比奈(福岡大)は175.38点で6位。

三原舞依【写真:Getty Images】
三原舞依【写真:Getty Images】

女子では2009年大会の中野友加里以来の優勝

 ユニバーシアード冬季大会(ロシア・クラスノヤルスク)のフィギュアスケート女子フリーは9日、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(シスメックス)が144.76点、合計220.68点で優勝。女子では2009年大会の中野友加里以来、5大会ぶりの優勝を飾った。エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が214.77点で2位。スタニスラワ・コンスタンチノワ(ロシア)が205.91点で3位。SP3位の竹野比奈(福岡大)は175.38点で6位。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 最終滑走で登場した三原。冒頭の3回転ルッツ―3回転トウループで見事に着氷。ダブルアクセル、3回転ループも美しく降りた。ダブルアクセル―3回転トウループのコンビネーションも決めるなど、ノーミスで演技を終え、最後はガッツポーズも飛び出した。

 三原は全日本選手権で4位。世界選手権の代表の座を惜しくも逃していたが、2月の四大陸選手権では3位。日本選手団の主将として臨んだ今大会で優勝と、結果を残し続けている。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集