[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロペス後ろ!後ろ! 油断が招いた珍失点に海外ファン失笑「喜ぶのが早いよ」

男子テニスのデルレイビーチ・オープンは19日(日本時間20日)、シングルス1回戦が行われた。珍シーンが話題を呼んでいるのは、デニス・イストミン(ウズベキスタン)とフェリシアーノ・ロペス(スペイン)の一戦だ。強烈なボレーを叩き込んだロペスだったが、イストミンの必死のリターンがイン……。まさかのシーンをATP公式中継サイト「テニスTV」のSNSが公開し、ファンの失笑を買っている。

フェリシアーノ・ロペス【写真:Getty Images】
フェリシアーノ・ロペス【写真:Getty Images】

油断でポイントを奪われた珍場面に脚光

 男子テニスのデルレイビーチ・オープンは19日(日本時間20日)、シングルス1回戦が行われた。珍シーンが話題を呼んでいるのは、デニス・イストミン(ウズベキスタン)とフェリシアーノ・ロペス(スペイン)の一戦だ。強烈なボレーを叩き込んだロペスだったが、イストミンの必死のリターンがイン……。まさかのシーンをATP公式中継サイト「テニスTV」のSNSが公開し、ファンの失笑を買っている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 最後まで気を抜いてはいけない――。基礎中の基礎をロペスは怠ってしまった。ベテラン同士の対戦、第1セットの第3ゲームだ。イストミンのサービスからのラリー。レフティーのロペスが優位に進め、チャンスボールに対してネット際で強烈なスマッシュを叩き込んだ。

 このショットに対して、イストミンはラケットに当てるのが精いっぱい。勝負あったか……。ロペスは背を向けてポイントを確信。しかし、ここからだった。ラケットに当たったリターンはふらふらと上がり、背を向けたロペスの目の前に落ちたのだ。自身のコートの中。慌てたロペスだが時すでに遅し、肩をすくめるしかなかった。

 まさかの一部始終を「テニスTV」はツイッターとインスタグラムで「フェリ、顔を上げて…まだ得点は決まってないよ!」と題して動画で公開。ファンからは「何度も見ちゃう」「喜ぶのが早いよ」「素晴らしいショット!」「“終わり”までは終わりじゃない」「イストミンはいつも奇妙なことをする」などと珍場面に思わず笑いを誘われていた。

 勝負は結局イストミンがストレートで勝利。慢心が招いた痛恨の珍プレーになってしまった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集