[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ破った世界67位が語った勝因は? 「テニスは間違いなく…」

テニスの世界ランク1位・大坂なおみ(日清食品)が19日のドバイ選手権2回戦で同67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)に3-6、3-6でストレート負け。テニス界の新女王となった初戦で黒星をつけたムラデノビッチは「少しばかり力任せなテニスにさせることができた」と勝因を挙げている。WTA公式サイトが報じている。

大坂なおみを下したクリスティナ・ムラデノビッチ【写真:Getty Images】
大坂なおみを下したクリスティナ・ムラデノビッチ【写真:Getty Images】

大坂へのリベンジに成功したムラデノビッチが勝因を語る

 テニスの世界ランク1位・大坂なおみ(日清食品)が19日のドバイ選手権2回戦で同67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)に3-6、3-6でストレート負け。テニス界の新女王となった初戦で黒星をつけたムラデノビッチは「少しばかり力任せなテニスにさせることができた」と勝因を挙げている。WTA公式サイトが報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 2017年10月には世界ランク10位に入ったムラデノビッチだが、今季ここまで4戦全敗と苦しみ、順位を下げていた。

 どうしても欲しかった今季初勝利を、新女王相手に手にした。記事によると、「デジャヴのような感覚でした。なぜなら、昨年と全く同じコートでの試合だったから」と語ったという。昨年大会の初戦で大坂にストレート負けを喫していたムラデノビッチにとってはリベンジを果たした格好となった。

「昨年と比べると、少しばかり彼女に力任せなテニスをさせることができた。テニスは間違いなく、統計、ウィナーの本数、アンフォーストエラーの数で決まるもの。そこで上回ることができたので、嬉しい」

 圧倒的なスピードとパワーを誇る大坂だが、この試合ではミスを誘うことができたことにムラデノビッチはしたり顔の様子だった。

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集