[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、“ロッテルダムの激闘”に全英王者も賛辞「素晴らしい1週間に感謝、ケイ」

男子テニスのABN・AMROワールドは16日、シングルス準決勝で第1シードの世界ランク7位・錦織圭(日清食品)は4大大会3勝の同68位スタン・ワウリンカ(スイス)に2-6、6-4、4-6で惜敗。大会公式ツイッターは日本語で労いのメッセージを送るなど、今大会を盛り上げた日本のエースに感謝の意を示していたが、大会ディレクターの元ウィンブルドン王者も賛辞を送っている。

世界ランク7位の錦織圭【写真:Getty Images】
世界ランク7位の錦織圭【写真:Getty Images】

大会ディレクターのクライチェク氏も「感謝」

 男子テニスのABN・AMROワールドは16日、シングルス準決勝で第1シードの世界ランク7位・錦織圭(日清食品)は4大大会3勝の同68位スタン・ワウリンカ(スイス)に2-6、6-4、4-6で惜敗。大会公式ツイッターは日本語で労いのメッセージを送るなど、今大会を盛り上げた日本のエースに感謝の意を示していたが、大会ディレクターの元ウィンブルドン王者も賛辞を送っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 惜しくもファイナルに届かなかった。錦織は4大大会通算3勝を挙げた名手ワウリンカにフルセットの末に競り負け。無念の4強敗退となった。しかし、今大会は第1シードとして挑み、初参戦のロッテルダムを盛り上げた。人気ぶりを証明するように、大会公式ツイッターは「ロッテルダムは錦織選手のことが好きになりました」などと日本語で労った。

 さらに、今大会の錦織の舞台裏をまとめた動画を掲載して惜別。これに錦織も反応し、「ABN・AMROワールドとロッテルダムありがとう。残念ながら今日は勝てなかった。素晴らしい1週間をありがとう」と英語でつづり、感謝を示した。投稿には海外ファンからも「ケイ、素晴らしい仕事だった」「次回は更なる幸運を」「驚くべき戦いをありがとう」とエールが続々投げかけられた。

 さらに、大会ディレクターの96年ウィンブルドン王者リカルド・クライチェク氏も「素晴らしい1週間に感謝するよ、ケイ」とつづり、賛辞を送っていた。今季2勝目こそ逃したが、目下の好調ぶりを見せつけた錦織。ロッテルダムで受けた大きな後押しを次戦のドバイ選手権(25日開幕)につなげる。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集