[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨も驚いた!? 魂の熱演後「うわっ」の瞬間に米メディア脚光「今日一番の反応」

フィギュアスケートの四大陸選手権は9日(日本時間10日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー世界最高となる197.36点をマーク。自己ベストの合計289.12点で大逆転Vを飾った。演技後、膝から崩れ落ちた印象的なシーンが脚光を浴びていたが、米メディアは樋口美穂子コーチと見守ったキス・アンド・クライの一幕に脚光。世界最高得点が表示された直後のリアクションを画像付きで公開し、「今日一番の反応」と紹介している。

四大陸選手権を制した宇野昌磨【写真:Getty Images】
四大陸選手権を制した宇野昌磨【写真:Getty Images】

樋口コーチと待った得点表示の瞬間、米専門誌「リアクション・オブ・ザ・デー」

 フィギュアスケートの四大陸選手権は9日(日本時間10日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー世界最高となる197.36点をマーク。自己ベストの合計289.12点で大逆転Vを飾った。演技後、膝から崩れ落ちた印象的なシーンが脚光を浴びていたが、米メディアは樋口美穂子コーチと見守ったキス・アンド・クライの一幕に脚光。世界最高得点が表示された直後のリアクションを画像付きで公開し、「今日一番の反応」と紹介している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 演技後、膝から崩れ落ちるほど、すべてを出し尽くした宇野。その直後に最高の歓喜が待っていた。

 大歓声に送られながら引き揚げると、キス・アンド・クライへ。樋口コーチに労われ、得点を待った。そして、表示された得点は「197.36」。驚異の世界最高得点だ。その瞬間、宇野は「うわっ」と声を上げ、驚きを隠せない様子で口元に手をやった。隣に座っていた樋口コーチも大喜び。何度も宇野の肩を叩いて、教え子の奮闘を称えた。

 怪我を乗り越えた2人の絆と喜びが伝わる、なんとも微笑ましいシーン。米フィギュア専門誌「IFSマガジン」公式ツイッターは宇野が声を上げて口元を押さえ、樋口コーチが大喜びする瞬間の画像を公開。「四大陸選手権のリアクション・オブ・ザ・デー」とつづり、この日一番の反応だったと2人の様子をユーモアを交えながら紹介した。

 自分でも口もあんぐりとしてしまうほどの高得点をマークし、初めて主要国際大会で優勝を飾った宇野。しかし、21歳はまだまだ進化の途中にある。ここからどんな風に世界を驚かせるか、楽しみだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集