[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁の快進撃 今季3度目のカンファレンス“週間MVP”受賞 2戦52得点と圧巻の活躍

バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大の八村塁がウェスト・コースト・カンファレンスの週間最優秀選手賞に輝いた。今季3度目の栄誉。米地元紙が報じている。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

圧倒的な活躍でカンファレンスの週間最優秀選手に

 バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大の八村塁がウェスト・コースト・カンファレンスの週間最優秀選手賞に輝いた。今季3度目の栄誉。米地元紙が報じている。

【特集】希代の名スキーヤーが第二の人生を“スキーの未来作り”に捧げた理由 / アルペンスキー・皆川賢太郎氏インタビュー(GROWINGへ)

 八村は1月31日(日本時間2月1日)のブリガムヤング大戦で20得点、2日(同3日)のサンディエゴ大戦では、規格外のアリウープダンクを決めるなど32得点の大暴れだった。

 地元紙「スポークスマンレビュー」は、「ゴンザガのルイ・ハチムラが3度目のWCCプレイヤー・オブ・ザ・ウィークの栄誉を受け取る」と題して八村の同賞受賞を伝えている。

 記事では八村の受賞が今季3度目であることに言及。「ハチムラは対ブリガムヤング大戦、対サンディエゴ大戦でのゴンザガの勝利で平均26点、平均8リバウンドを記録した。フィールドゴール28本のうち19本を決め、3度のブロックショット、2度のスティールを決めた」と今週の活躍ぶりをレポートしている。

 さらに八村の今季スタッツとして、1試合平均20.4得点(カンファレンス3位)、フィールドゴール成功率60.6%(同6位)、6.3リバウンド(同8位)というデータも紹介している。

 ゴンザガ大は今季21勝2敗と快進撃を続けているが、その中でも八村は際立つ存在感を発揮。6月に行われる米プロバスケットボール(NBA)のドラフトでは上位指名が確実な逸材は、着実な成長を遂げている。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集