[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

140cm女王リウが登れず… 表彰台の“粋な手助け”に米記者恍惚「心がとろける」

フィギュアスケートの全米選手権は25日(日本時間26日)、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の13歳アリサ・リウが143.62点をマークし、合計217.51点で逆転優勝。史上最年少女王誕生となったが、表彰式で起きた“粋な手助け”が話題を呼んでいる。身長140センチの13歳は表彰台に登れず、2、3位の両選手に引き揚げられて真ん中に。最年少女王を象徴するようなシーンを米メディアが動画付きで公開し、「ささやかな手助け!」「心がとろける」などと反響を呼んでいる。

全米選手権で大会史上最年少女王となったアリサ・リウ(中央手前)【写真:Getty Images】
全米選手権で大会史上最年少女王となったアリサ・リウ(中央手前)【写真:Getty Images】

表彰式で真ん中に登れず…テネル&ベルの引き揚げシーンに反響

 フィギュアスケートの全米選手権は25日(日本時間26日)、女子フリーでショートプログラム(SP)2位の13歳アリサ・リウが143.62点をマークし、合計217.51点で逆転優勝。史上最年少女王誕生となったが、表彰式で起きた“粋な手助け”が話題を呼んでいる。身長140センチの13歳は表彰台に登れず、2、3位の両選手に引き揚げられて真ん中に。最年少女王を象徴するようなシーンを米メディアが動画付きで公開し、「ささやかな手助け!」「心がとろける」などと反響を呼んでいる。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 これもある意味、史上最年少女王の“らしさ”かもしれない。表彰式。3位のベル、2位のテネルに続き、名前を呼ばれ、リウは台の前に立った。しかし、次の瞬間だ。リウが立つべき表彰台の真ん中は自分の膝上の高さにあり、どう登ろうか逡巡。すると、そんな様子を見かねたテネルとベルが手を差し出し、引き揚げてあげた。微笑ましいシーンに会場からは笑いと拍手がこぼれた。

 身長140センチ。表彰台の真ん中に立っても、168センチの2位テネルの方が頭一つ近く高い。そんな象徴的なシーンを米フィギュア専門メディア「フィギュアスケーターズオンライン」公式ツイッターが「首位の座に上がるためのささやかな手助け!」とつづり、動画付きで公開。米スポーツ専門局「NBC」五輪版ツイッターも「これがその全て」と同様のシーンをクローズアップした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集