[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マレー、全豪へ“サヨナラ投稿”に海外爆笑のなぜ 「衝撃的」「なんて笑えるんだ」

男子テニスで今季限りで引退を表明し、全豪オープン1回戦で敗退した元世界ランク1位アンディ・マレー(英国)がインスタグラムを更新し、開催地メルボルンを去ったことを報告。「何年にも渡って戦ってきた試合の数々を振り返っている」とセンチメンタルにつづったが、過去のユーモアあふれる画像を6枚公開し、マレー流の“惜別投稿”に「4枚目で笑いかけたが、5枚目で声が出てしまった」「君は面白さでも一線を画す存在だった」などと爆笑が起こっている。

元世界ランク1位アンディ・マレー【写真:Getty Images】
元世界ランク1位アンディ・マレー【写真:Getty Images】

“最後の全豪”に思いつづるも…ファンは「思わず吹き出してしまった」と笑撃

 男子テニスで今季限りで引退を表明し、全豪オープン1回戦で敗退した元世界ランク1位アンディ・マレー(英国)がインスタグラムを更新し、開催地メルボルンを去ったことを報告。「何年にも渡って戦ってきた試合の数々を振り返っている」とセンチメンタルにつづったが、過去のユーモアあふれる画像を6枚公開し、マレー流の“惜別投稿”に「4枚目で笑いかけたが、5枚目で声が出てしまった」「君は面白さでも一線を画す存在だった」などと爆笑が起こっている。

【特集】「風を切る音が心地良くて」 最強レーサーが車いす陸上に魅了された理由 / 車いす陸上 佐藤友祈選手(GROWINGへ)

 これもマレーなりの優しさなのかもしれない。“最後の全豪”敗退から2日、インスタグラムを更新し、「今日メルボルンを去り、何年にも渡って戦ってきた全豪オープンの試合の数々を振り返っている。思い出をありがとう」と投稿。大会を去るにあたり5度準優勝した大会を振り返ったのだろう。しかし、思い出として投稿したはずの6枚の画像がファンの笑いを誘った。

 1枚目は今大会でファンの声援に応えるシーンから始まり、以降は若かりし日のもの。2、3枚目は盟友フェデラー、ナダルとの対戦当時の2ショット、ところが4枚目に自身が“アフロ頭”だった頃のド迫力のアップ写真を載せると、5枚目には表彰式で優勝トロフィーを持ったジョコビッチを後ろから敗れたマレーが恨めしそうに睨むような瞬間を切り取った写真を掲載した。

 そして最後には、にこやかなジョコビッチとの2ショットで“フォロー”している。別れを告げる豪州のファンに対し、涙を流すのではなく、笑ってほしい――。そんな思いも込めたのだろうか。投稿には敗退を惜しむ声が続々上がっている一方、笑いを堪え切れないファンも続出していた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集