[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に完敗マクドネルが半年後の負け惜しみ「減量に負けた。今日戦えば勝てる」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で準決勝進出を決めたWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。バンタム級転向初年度の2018年は世界王者相手に2戦合計でわずか182秒でKO勝ちという圧倒的な強さを示したが、昨年5月のWBA世界タイトルマッチで112秒でKOされた前王者ジェイミー・マクドネル(英国)は「減量に負けた。今日、戦えば勝てる」と負け惜しみに出ている。英地元紙「ドンカスター・フリープレス」が報じている。

2018年5月にマクドネル(右)に勝利を収めた井上【写真:Getty Images】
2018年5月にマクドネル(右)に勝利を収めた井上【写真:Getty Images】

井上に敗れた元王者は「ウエイトの問題が自分を陥落させた」と地元紙に主張

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で準決勝進出を決めたWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。バンタム級転向初年度の2018年は世界王者相手に2戦合計でわずか182秒でKO勝ちという圧倒的な強さを示したが、昨年5月のWBA世界タイトルマッチで112秒でKOされた前王者ジェイミー・マクドネル(英国)は「減量に負けた。今日、戦えば勝てる」と負け惜しみに出ている。英地元紙「ドンカスター・フリープレス」が報じている。

【PR】「もっと早く出会っていれば良かった」― フクヒロペアも選んだスポーツブラ「CW-X」をさらに詳しく知るならこちら

 2018年、ボクシング界に衝撃を与えた井上。その幕開けとなったのが、5月のマクドネル戦だった。わずか112秒でKO。10年間、無敗だった英国人王者は、あっという間にベルトを失った。あれから半年余り、マクドネルは地元紙の取材に対し、当時を振り返って、こう語ったという。

「最後のファイトで打ちのめされた。ウエイトの問題が自分を陥落させた。今日戦えば、彼を倒すと未だに信じている。だが、減量が命取りだった」

 井上戦後、リングに上がることなく、私生活の問題に向き合っていたという元王者。当時は前日計量で1時間以上遅刻し、何とか体重を作った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集