[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザー、天心戦は秒給712万円!? 139秒の10億荒稼ぎが米話題「一瞬の給料日」

格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)は31日、ボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)がキックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET)とのエキシビジョンマッチで1回2分19秒でTKO勝ち。

エキシビジョンマッチで対戦した那須川天心(右)とフロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】
エキシビジョンマッチで対戦した那須川天心(右)とフロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】

わずか139秒の瞬殺で圧倒、1時間換算なら283億円と米メディア算出

 格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)は31日、ボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)がキックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET)とのエキシビジョンマッチで1回2分19秒でTKO勝ち。米メディアは「金の亡者」という異名を取るメイウェザーの1秒換算6万5000ドル(約712万円)、1時間換算2億3300万ドル(約283億円)という荒稼ぎぶりに注目している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 大晦日のリングで圧倒的な強さを示したメイウェザー。米メディア「ヤフースポーツ」は「フロイド・メイウェザーはテンシン・ナスカワ相手にTKO勝ちで簡単に900万ドル(約9億9000万円)を手にする」と特集した。

 トランクスに札束をデザインするほど「マネー」に固執する元5階級制覇王者の日本での荒稼ぎぶりに注目。「2018年のカレンダーの締めくくりはフロイド・メイウェザーにとっては一瞬の給料日となった」と伝えている。

 3分3ラウンドのエキシビジョンマッチだったが、50戦全勝のメイウェザーは強すぎた。4キロ以上の体格差にキック禁止のルールを生かし、1ラウンドで3度ダウンを奪い、あっという間に勝負を決めてみせた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集