[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パッキャオ、天心撃破のメイウェザー批判? 海外波紋「フロイドファン殺到するぞ」

格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)は31日、キックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET)がボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)とのエキシビジョンマッチで1回2分19秒でTKO負けを喫した。

エキシビジョンマッチで対戦した那須川天心(左)とフロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】
エキシビジョンマッチで対戦した那須川天心(左)とフロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】

「新年の誓い」で暗にメイウェザー批判「体格が同等以上、経験を持つ相手のみ戦う」

 格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)は31日、キックボクシングの“神童”那須川天心(TARGET)がボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)とのエキシビジョンマッチで1回2分19秒でTKO負けを喫した。試合後はSNSで胸中をつづっていたが、キック禁止のボクシングルールで体重差が顕著だったメイウェザーに対し、宿命のライバルで6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)が批判とみられるツイートを発信。米メディアも反応し、海外で波紋が広がっている。

【特集】「跳ぶと絶対に笑顔になれる」 第一人者が語るトランポリンの魅力 / トランポリン 廣田遥さん(GROWINGへ)

 大晦日のリングで圧倒的な強さを見せつけた「金の亡者」こと、50戦全勝で5階級制覇王者のメイウェザー。15年5月に「世紀の一戦」として戦っていた英雄パッキャオは大晦日のメイウェザー―那須川戦後、こんなツイートを投稿した。

「これが一足早い新年の誓い。自分と同じサイズ、もしくは体格が上で、経験を持つ相手とのみ戦い続ける」

 メイウェザーは体格で5キロ以上軽く、経験の少ない那須川とボクシングルールで対戦し、圧勝した。名指しこそしていないが、自身は体格で同等以上を誇り、十分な経験を持つ相手とだけ拳を交えると、暗にメイウェザーに対して苦言を呈した。すると、パッキャオの返信欄にはパッキャオとメイウェザーファンからのコメントが殺到している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集