[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上拓真、悲願の“兄弟戴冠”に米メディア賛辞「モンスターでなくとも世界王者だ」

ボクシングのトリプル世界戦が30日、大田区総合体育館で行われ、WBC世界バンタム級暫定王座決定戦で、同級5位の井上拓真(大橋)は同2位のタサーナ・サラパット(タイ)に3-0で判定勝ち。初挑戦で暫定王者となった。WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)の弟としても海外から注目を集めた一戦で兄弟戴冠を果たし、米メディアは「必ずしもモンスターではないが、世界王者だ」と評価している。

井上拓真(右)はサラパットに3-0で判定勝ちした【写真:Getty Images】
井上拓真(右)はサラパットに3-0で判定勝ちした【写真:Getty Images】

大差判定勝ちで暫定王者に…試合後は兄・尚弥らとリング上で一家集合写真

 ボクシングのトリプル世界戦が30日、大田区総合体育館で行われ、WBC世界バンタム級暫定王座決定戦で、同級5位の井上拓真(大橋)は同2位のタサーナ・サラパット(タイ)に3-0で判定勝ち。初挑戦で暫定王者となった。WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)の弟としても海外から注目を集めた一戦で兄弟戴冠を果たし、米メディアは「必ずしもモンスターではないが、世界王者だ」と評価している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 井上家によるバンタム級制覇という偉業を託された拓真の戴冠。試合後には父・真吾トレーナー、兄・尚弥に加え、母と姉も加わった最強一家で記念撮影に納まり、最高の瞬間を堪能した。

米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」も「タクマ・イノウエは必ずしもモンスターではないが、今彼は世界王者と名乗ることができる」とタイトルを打って速報した。

 圧倒的なパワーとスピード、爆発的なスタイルから「The Monster」の異名で愛される兄とはスタイルが異なるが、妥当な勝利を飾ったとみている。

 「(サラパットは)最後のゴングまで危険であり続けた。しかし、彼はイノウエにダメージを与えることができなかった。イノウエは最後の2ラウンドも足を有効に使い、リードを積み重ねる巧みなボクシングを続けた」

 記事ではこう分析している。兄に続いて果たした戴冠。採点ではいずれも117-111の大差を手にしたモンスターの弟の技巧派ぶりが海外メディアから評価されている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集