[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔、勇気ある“英雄の凱旋”に海外喝采「功績を汚すと考える人間もいたが…」

フィギュアスケートの全日本選手権(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は22日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季現役復帰した高橋大輔(関大KFSC)は復帰後自己ベストとなる88.52点を記録し、堂々の2位発進を決めた。海外メディアは「英雄の凱旋」と絶賛している。

SP2位発進の高橋大輔【写真:Getty Images】
SP2位発進の高橋大輔【写真:Getty Images】

メダリストの帰還に五輪専門サイトが賛辞「タカハシが英雄の凱旋を果たす」

 フィギュアスケートの全日本選手権(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は22日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季現役復帰した高橋大輔(関大KFSC)は復帰後自己ベストとなる88.52点を記録し、堂々の2位発進を決めた。海外メディアは「英雄の凱旋」と絶賛している。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 坂本龍一の「シェルタリング・スカイ」の美しい調べに乗せた華麗な舞いで、観衆を魅了した高橋。10年バンクーバー五輪銅メダリストの5年ぶりの全日本選手権復活に、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」も「タカハシが英雄の凱旋を果たす」と称賛している。

 記事では「ハニュウとウノの以前には、ダイスケ・タカハシがいた。男子シングルで五輪メダルを獲得した初の日本人であり、世界選手権を優勝した初のアジア勢男子となった」とアジア男子の第一人者としてキャリアを回顧。復活した32歳は5年間のブランクを感じさせなかった。

「人気者の32歳は4回転ジャンプを武器に持っていないかもしれないが、それでも十分に渡り合えると証明した。大会優勝5度のタカハシは2001年12月に全日本選手権に初参戦した。GPファイナル女王のリカ・キヒラがまだ生まれる前のことだったのだ!」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集