[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に新たな勲章! 日本プロスポーツ大賞「殊勲賞」受賞、2018年スポーツ界の顔に

今年のプロスポーツ界で最も活躍した選手や団体を表彰する日本プロスポーツ大賞が20日、発表され、ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が「殊勲賞」に輝いた。

「殊勲賞」に輝いた井上尚弥【写真:荒川祐史】
「殊勲賞」に輝いた井上尚弥【写真:荒川祐史】

都内で行われた表彰式で殊勲賞受賞

 今年のプロスポーツ界で最も活躍した選手や団体を表彰する日本プロスポーツ大賞が20日、発表され、ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が「殊勲賞」に輝いた。都内で行われた表彰式に出席し、トロフィーと副賞を受け取った井上は「この度はとてもうれしく思います。納得いく内容で2試合を終えることができました。ここに立っていられるのも大橋会長、家族、日ごろから応援してくれるファンのおかげです」と喜びを口にした。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

“モンスター”がまた一つ、新たな勲章を手に入れた。井上は今季2戦2勝。5月のWBA同級タイトルマッチでは6度防衛中だったジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でKO勝ち。日本人史上最速16戦目での3階級制覇を達成した。

 10月には同階級のNO1を決めるトーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の1回戦に臨み、元WBA同級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を相手に衝撃の70秒KO勝利。2試合をわずか182秒で終わらせ、その強さは世界的に高く評価されている。

 井上はすでに来春に予定する、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのWBSS準決勝へ向けて練習を開始。充実の平成ラストイヤーを締めくくり、2019年は更なる飛躍を目指す。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集