[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2018】松山、怪物退治の“130yイーグル”に大会公式絶賛「これがThe Monsterの倒し方だ」

2018年も、もう残り僅か。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は8月にゴルフの松山英樹(レクサス)が演じた怪物退治の“130yイーグル”だ。多くの名手が沈んできた名物ホールで魅せた一撃を大会公式ツイッターが動画付きで公開し、「これが“The Monster”の倒し方だ」と絶賛された。

松山英樹【写真:Getty Images】
松山英樹【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―8月にブリヂストン招待で演じたスーパーショット

 2018年も、もう残り僅か。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は8月にゴルフの松山英樹(レクサス)が演じた怪物退治の“130yイーグル”だ。多くの名手が沈んできた名物ホールで魅せた一撃を大会公式ツイッターが動画付きで公開し、「これが“The Monster”の倒し方だ」と絶賛された。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 松山の2018年屈指のスーパーショットだった。8月に行われた米男子ゴルフの世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待第1日。ファイヤーストーンの名物16番パー5で魅せた。残り約130ヤードからの第3打。松山はいつも通りのブレのないスイングで振り抜いた。ボールはピンの4メートルほど奥に着弾。すると、ここからだ。

 急激にバックスピンを始め、ピンに一直線。まさか――。コロコロと転がり、その時を予感したギャラリーの大歓声に押され、そのままカップに消えたのだ。これには普段はクールな松山もビックリ。思わず両手を挙げてバンザイし、右手でガッツポーズを繰り出した。毎年名手が参戦するブリヂストン招待の大会公式ツイッターも動画付きで公開。「ヒデキがイーグル! これが“The Monster”の倒し方だ」と絶賛した。

 同様のシーンを紹介した大会公式インスタグラムでも「このスイングを愛してる」「これはタイガーじゃないの?」「良い仕事したぞ、ヒデキ」「なんてショットだ」「ヒデキが戻ってきた」と米ファンに興奮を呼び、この週のPGAツアー「ショット・オブ・ザ・ウィーク」にも選出された。

 667ヤードを誇るファイヤーストーンの16番はかつて伝説の名手アーノルド・パーマーがトリプルボギーを叩いたことから「モンスター」の異名を取る。そんな名物コースで大喝采を浴びた松山。この大会は39位に終わったが、日本のエースの技術がPGAツアーでもトップレベルにあることは間違いない。浮上のきっかけを掴み、2019年の躍進に期待したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集