[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タカマツ、“予想外”の全勝突破 中国メディアも関心「なぜ日本は強くなったのか」

4年ぶりのファイナルズ制覇は、手の届くところにある。バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は14日に第3日を行い、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は2-1(19-21、21-19、21-14)の逆転で昨年の世界女王であるチェン・チンチェン、ジア・イーファン組(中国)を破ってグループリーグ全勝を飾って、A組1位で準決勝に進出した。大会は、種目ごとに今季の世界選手権優勝者と年間のツアー成績上位者の8組が出場。4組ずつ2グループに分かれて総当たり1回戦を行い、各グループ上位2位が準決勝に進む。高橋、松友は前日に2連勝でグループ突破を決めていたが、きっちりと全勝。五輪や世界選手権の優勝候補に名が挙がるペア4組が入った激戦グループだっただけに、高橋は「3連勝で1位通過できるとは、思っていなかった」と素直な感想を語った。

女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組【写真:平野貴也】
女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組【写真:平野貴也】

前年世界女王の地元ペア撃破「3連勝で1位通過できるとは」

 4年ぶりのファイナルズ制覇は、手の届くところにある。バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は14日に第3日を行い、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は2-1(19-21、21-19、21-14)の逆転で昨年の世界女王であるチェン・チンチェン、ジア・イーファン組(中国)を破ってグループリーグ全勝を飾って、A組1位で準決勝に進出した。大会は、種目ごとに今季の世界選手権優勝者と年間のツアー成績上位者の8組が出場。4組ずつ2グループに分かれて総当たり1回戦を行い、各グループ上位2位が準決勝に進む。高橋、松友は前日に2連勝でグループ突破を決めていたが、きっちりと全勝。五輪や世界選手権の優勝候補に名が挙がるペア4組が入った激戦グループだっただけに、高橋は「3連勝で1位通過できるとは、思っていなかった」と素直な感想を語った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 初日は、今季の世界選手権で銅メダルを獲得したグレイシア・ポリー、アプリヤニ・ラハユ組(インドネシア)にストレートで勝利。2日目は、9月のダイハツヨネックスジャパンオープンで敗れたドゥ・ユエ、リ・インフイ組(中国)にストレートで勝って雪辱を果たした。3日目は、第1ゲームを奪われるなど苦しんだが、次第に相手を攻略してアジア大会の決勝で敗れた雪辱を果たした。

 第1ゲームは、途中からフットワークのスピードを上げた相手の前衛に捕まり、終盤に逆転された。第2ゲームは、ゲームポイントを握った後で1点差まで追い上げられたが、辛くも逃げ切った。貫禄を見せたのは、ファイナルゲームだった。第1ゲームで苦しめられた相手の前衛をかわそうとした球を、第2ゲームでは後衛に打たれていたが、ファイナルゲームでは、後衛が連続で打ち切れない返球をするようになり、ペースを掌握。高橋は「低い球の展開で、レシーブ場面で相手にプレッシャーをかけられて、レシーブが甘かったり、(山なりの軌道の)ロブの高さがうまくいかなかったりした。ファイナルゲームは、1,2ゲーム目の反省を生かして、うまく後ろを使えた」と手ごたえを話した。

 高橋、松友は、2016年リオデジャネイロ五輪の女王。中国のファンには好敵手として知られている。中国が誇る自慢の2ペアを破り、中国メディアも「なぜ、日本はこんなに強くなったのか」、「2人は(五輪の時よりも強くなり)ピークを迎えているのではないか」など強い関心を示していた。

 明らかに強豪選手が偏ったグループを1位で通過し、4年ぶりの優勝が見えて来た。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集