[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花が“本気”にさせたロシア スルツカヤ氏が断言「これはもう本物の戦いよ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。シニア1年目の戴冠は世界を驚かせたが、大国ロシアの女子フィギュア界のレジェンドはGPファイナルを総括し、「彼女のシニア参戦でフィギュアスケートを見るのがとても面白くなった」と紀平を絶賛。「そう、これはもう本物の戦いよ」とロシアを“本気”にさせる存在と認めている。

シニア1年目のファイナル制覇を達成した紀平梨花【写真:Getty Images】
シニア1年目のファイナル制覇を達成した紀平梨花【写真:Getty Images】

スルツカヤ氏が紀平を絶賛「彼女の参戦でフィギュアを見るのが面白くなった」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。シニア1年目の戴冠は世界を驚かせたが、大国ロシアの女子フィギュア界のレジェンドはGPファイナルを総括し、「彼女のシニア参戦でフィギュアスケートを見るのがとても面白くなった」と紀平を絶賛。「そう、これはもう本物の戦いよ」とロシアを“本気”にさせる存在と認めている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手(GROWINGへ)

 GPファイナルを振り返り、紀平に絶賛の声を上げたのは02年ソルトレイクシティ五輪銀、06年トリノ五輪銅と2大会連続メダリストのイリーナ・スルツカヤ氏だった。世界選手権で2度優勝したロシアのレジェンドは、母国スポーツ紙「スポルトエクスプレス」のインタビューに応えている。

 まずはフィギュア界の今後について。驚異の14歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)ら4回転ジャンプを武器にする選手か、4回転はなくともミスなくクリーンに滑る選手か、どちらに未来があるかを聞かれると、こう語っている。

「彼女らのお互いの結果がそれぞれに刺激になって成長を助けるから、それを言うのは難しいわ。そして何かしかの決断をする必要がある。その技術的なレベルにとどまるか、何か新しいことを習得するか。今のところは2つの4回転ジャンプがクラシックなエレメンツをミスなしで滑り切ることに負けたということ」

 ジュニア女子フリーでトルソワが4回転ジャンプを2度着氷するも、ミスなしでクリーンに滑り切ったアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)に軍配が上がったことを例に挙げ回答。さらに紀平の名前を出し、こう続けた。

「3回転ルッツと3回転ループの連続ジャンプは2005年に跳ばれて、今も跳ばれている。しかし、キヒラは新しいスタンダードを課した。(3回転―3回転の連続ジャンプなどをもってして)自分のプログラムをミスなしできれいに滑っても、いずれにしろキヒラに届かない。つまり他に道はないのです。新しい何かを考え出すのが必要不可欠。それか後ろでとどまっているか」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集