[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、驚異の心肺機能に重鎮タラソワ氏も賛辞「ええ、彼女は疲れてないわ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑えた戴冠に、ロシア放送局で解説を務めた重鎮タチアナ・タラソワ氏は「ザギトワを遥かに凌駕した」と絶賛している。

シニア1年目のファイナル制覇を達成した紀平梨花【写真:Getty Images】
シニア1年目のファイナル制覇を達成した紀平梨花【写真:Getty Images】

ザギトワのライバルに認定「彼女はとても上手く、簡単に滑る」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑えた戴冠に、ロシア放送局で解説を務めた重鎮タチアナ・タラソワ氏は「ザギトワを遥かに凌駕した」と絶賛している。

【特集】希代の名スキーヤーが第二の人生を“スキーの未来作り”に捧げた理由 / アルペンスキー・皆川賢太郎氏インタビュー(GROWINGへ)

 ロシア放送局の実況席でタラソワ氏も目を見張った。迫真の演技を見守り、会場に喝采が降り注ぐと「とても美しいプログラムです、とても美しい技の連続です」と第一声。「彼女は鼻で呼吸しています、彼女は全然疲れていない感じがします」と肩で息をすることなく、呼吸も乱れていない心肺機能について実況が水を向けると、タラソワ氏も同調した。

「ええ、彼女は疲れてないわ。(演技の)最初の方は緊張が見られた。スピンでさえ緊張が見られた。最初は緊張していたけど、慣れるから大丈夫。でも1位にいるのも、オリンピックチャンピオンに勝つのも難しいことだ」と語った。

 さらにVTRで3回転アクセルからのコンビネーションを決めたシーンが流れ、実況は「多くの男子選手でさえ彼女のような3回転アクセルを跳ぶことはできません。(冒頭の3回転アクセル以降)彼女は残りのすべてのエレメンツはとても上手くやりました」と評した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集