[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2018】大谷翔平、衝撃の“美シルエット弾”に米恍惚「MLBの新しいロゴに」

12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は米大リーグのエンゼルス・大谷翔平が8月に放った“美シルエット弾”だ。体勢を崩しながら放った一撃のフォロースルーが美しいと話題に。MLBが画像付きで公開し、大きな反響を呼んだ。

大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―8月に放った驚異の一発が話題に

 12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は米大リーグのエンゼルス・大谷翔平が8月に放った“美シルエット弾”だ。体勢を崩しながら放った一撃のフォロースルーが美しいと話題に。MLBが画像付きで公開し、大きな反響を呼んだ。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 22本放ったアーチで最も美しいのは、この一撃だ。8月18日(日本時間19日)の敵地レンジャーズ戦、大谷は1点リードの7回1死一、二塁の絶好機で代打で登場した。右腕バトラーの4球目、94.5マイル(約152キロ)の高め直球を豪快に叩くと、高々と舞い上がった打球はグングン伸び、バックスクリーン左へ。自身2度目の代打アーチは、8試合ぶりの13号3ランとなった。

 しかし、最も熱視線を浴びたのは、大谷の左膝だった。高めの直球に合わせてガクリと折れ曲がり、反対に右足が浮いて体勢が崩れかけている。それでも、しっかりと体の左側に体重を残し、白球を押し返した。大谷の規格外の能力を切り取った画像をMLB公式ツイッターは画像付きで公開。目の当たりにした米ファンも恍惚としていた。

「自分は恋に落ちていると思う」「この写真はまさしく来年のMLB The Show(毎年発売されるMLBのゲーム)の表紙になるだろう」「美しい姿だ」「型取りして、これを新しいMLBのロゴにしよう」「このスイングは本当に異端だ」などと、凄みの伝わってくるフォームを絶賛するコメントが続々とつけられた。

 MLBデータ解析システム「スタットキャスト」の担当記者、デービッド・アドラー氏も、このツイートを引用しながら「これは私にとって、オオタニのスイング・オブ・ザ・イヤーだ」と称賛。エンゼルスも公式ツイッターで「ここぞという場面では、オオタニに打たせるんだ!」と勝負強さに賛辞を送っていた。

 今季は飛距離は始め、凄まじいパワーで度肝を抜いた大谷。なかでも、それを象徴するような一発は、美しいシルエットとともに米ファンの脳裏に焼き付いた。打者に専念する来季は、どんなホームランで驚愕を与えてくれるのか。希代の二刀流が持つバットから目が離せない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集