[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、世界一の“美しい嵐”に作曲者が感謝「私の音楽を見事に表現してくれた」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。バンクーバーのリンクに喝采を呼んだフリーナンバーの作曲者も「私の音楽を見事に表現してくれた」と称賛している。

シニア1年目のファイナル制覇を達成した紀平梨花【写真:Getty Images】
シニア1年目のファイナル制覇を達成した紀平梨花【写真:Getty Images】

フリー曲「Beautiful Storm」を作った女性ピアニストが祝福「優勝おめでとう!」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。バンクーバーのリンクに喝采を呼んだフリーナンバーの作曲者も「私の音楽を見事に表現してくれた」と称賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 静謐な美しさを湛えたフリーナンバー「Beautiful Storm」のピアノの調べに身を委ねた紀平。3回転アクセル―2回転トウループなど、代名詞のジャンプのみならず、16歳とは思えない表現力と芸術性で、カナダの大観衆を魅了した。

 平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)を破り、見事表彰台の頂点にたどり着いた16歳の少女に、世界中から喝采が巻き起こる中、フリー曲の作曲者、ジェニファー・トーマスも自身のツイッターで称賛した。

「今日のGPファイナル優勝おめでとう、リカ・キヒラ! 生で立ち会えただなんて信じられない。私の音楽を見事に表現してくれました」

 女性ピアニストのトーマスは最新アルバム「The Fire Within」がビルボードのクラシックアルバム部門で発売1週目にベスト3に入った人気アーティスト。シニアデビューでフィギュア界に“美しい嵐”を巻き起こす紀平に感謝と称賛を送っていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集