[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“問題児”ネリ、バンタム級残留でWBCベルト再奪取へ 「自分のものを取り戻す」

ボクシングの元WBCバンタム級世界王者ルイス・ネリ(メキシコ)が1日(日本時間2日)、メキシコ・サルティーヨでレンソン・ロブレス(ベネズエラ)と対戦。7回1分16秒TKO勝ちを収め、デビューからの連勝を28に伸ばした。3月の山中慎介(帝拳)との2度目のタイトルマッチで前日計量で体重超過し、王座剥奪となっていたネリはスーパーバンタム級昇格の可能性も報じられていたが、「WBCバンタム級のタイトルマッチを待っている。自分のものを取り戻す」と宣言。ボクシング界の問題児は本格転向せず、バンタム級残留の意向を明らかにした。

元WBCバンタム級世界王者ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
元WBCバンタム級世界王者ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

Sバンタム級で復帰2戦目快勝も、バンタム級に留まる方針

 ボクシングの元WBCバンタム級世界王者ルイス・ネリ(メキシコ)が1日(日本時間2日)、メキシコ・サルティーヨでレンソン・ロブレス(ベネズエラ)と対戦。7回1分16秒TKO勝ちを収め、デビューからの連勝を28に伸ばした。3月の山中慎介(帝拳)との2度目のタイトルマッチで前日計量で体重超過し、王座剥奪となっていたネリはスーパーバンタム級転向の可能性も報じられていたが、「WBCバンタム級のタイトルマッチを待っている。自分のものを取り戻す」と宣言。ボクシング界の問題児は本格転向せず、バンタム級残留の意向を明らかにした。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 WBCから半年間の資格停止を命じられていたネリは10月の復帰初戦でジェイソン・カノイ(フィリピン)にKO勝ちを収め、同シルバー王者となった。復帰2戦目はスーパーバンタム級のリングだったため、米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」は試合前に「ルイス・ネリは2019年にキャリアの全盛期を迎える。(バンタム級の)世界王者は統一が進む中で(ネリは)おそらく階級を上げることがシナリオだ」と報じていた。

 減量苦を避けるために122ポンド(スーパーバンタム級リミットの55.3キロ)を主戦場にすると見られていたネリは、7回の猛ラッシュでロブレスを下すと、試合後に今後の方針をこう話している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集