[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

愛された川口能活、現役最終戦で副審との“ほっこりシーン”が話題「お茶目かっ!」

今季限りで引退を表明していたサッカーJリーグ3部・相模原の元日本代表GK川口能活が2日、リーグ最終戦となる鹿児島戦に先発。1-0で勝利し、現役最終戦を完封で飾った。大きく飛び出して1対1のシュートを防ぐスーパーセーブなど沸かせたが、意外なシーンでは試合中にパンツの紐が緩み、副審に締めてもらうという珍場面が話題を呼んでいる。

SC相模原の元日本代表GK川口能活【写真:Getty Images】
SC相模原の元日本代表GK川口能活【写真:Getty Images】

現役最終戦、緩んだパンツの紐を副審に結んでもらうシーンが中継に映り話題に

 今季限りで引退を表明していたサッカーJリーグ3部・相模原の元日本代表GK川口能活が2日、リーグ最終戦となる鹿児島戦に先発。1-0で勝利し、現役最終戦を完封で飾った。大きく飛び出して1対1のシュートを防ぐスーパーセーブなど沸かせたが、意外なシーンでは試合中にパンツの紐が緩み、副審に締めてもらうという珍場面が話題を呼んでいる。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 誰からも愛される川口らしさを残した完封勝ちとなった。後半11分だった。左サイドライン際からFKを蹴りに行くと、なぜか副審のもとに近寄った。何から声をかけ、シャツをめくり上げると、副審に緩んでいた紐を結んでもらい始めたのだ。手にはグローブをつけており、細かい指先の作業ができないため致し方ないのだが、なんとも珍しいシーンだ。

 最後にキュッとしっかり結んでもらうと、副審の両肩を持って頭を下げ、感謝を示した。川口も副審もともに笑顔。現役最終戦の最中に見られたほほえましい場面だ。試合を中継したDAZNに映り、実際の映像を公式ツイッターで公開。ネット上でも「最後の最後まで可愛い」「カッコいいことした後にお茶目かっ!」と声が上がり、熱視線を集めていた。

 その直前の後半8分には裏に飛び出した相手との1対1に対し、果敢に飛び出してシュートをブロック。決定機を防いだ後に見せた心温まるシーンだった。川口といえば、日本代表としてW杯に4大会出場した実績はもちろん、憎めない人柄でチームメート、サポーターから愛されてきた。“最後の1-0完封”の裏には、そんな川口能活の魅力が詰まっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集