[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「日本のポップスター」 名物アナが人気に言及「求心力もモンスター級」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。日本人史上初となる米「リング誌」の表紙を飾るなど、世界的な知名度の高まりを見せるモンスターについて、米国の名物リングアナが「求心力もモンスター級」と絶賛している。

WBSSバンタム級で準決勝に進んでいる井上尚弥【写真:Getty Images】
WBSSバンタム級で準決勝に進んでいる井上尚弥【写真:Getty Images】

WBSSで来日したリングアナ、日本国内のカリスマ的な人気に言及

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。日本人史上初となる米「リング誌」の表紙を飾るなど、世界的な知名度の高まりを見せるモンスターについて、米国の名物リングアナが「求心力もモンスター級」と絶賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ボクシング界で最も権威を持つリング誌の96年の歴史で、日本人ボクサーとして初めて表紙を飾ることになった井上。リング誌の公式ツイッターが偉業を速報すると、このツイートを引用する形でつぶやいたのは、WBSSでもリングアナを務めているレイ・フローレス氏だった。

 10月7日のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)とのWBSS1回戦でも、横浜アリーナのリング上で試合を盛り上げたフローレス氏はツイッターで井上のスターぶりを紹介している。

「先月、我々は東京に行った。誰もがナオヤ・イノウエを知っている。彼は日本のポップスターだ。ファンは、彼の等身大パネルと一緒に写真撮影するために、コンコースに並んでいた。彼はモンスター級の求心力を誇り、リング上でも怪物だ」

 王者が集結するWBSSの大勝負を間近で見届けてきた名物リングアナにとっても、日本で目の当たりにした“モンスターフィーバー”は鮮烈な印象を残しているようだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集