[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 10分前まで絶好条件も一転… 桐生祥秀、また風に泣く 今季国内戦すべて向かい風

10分前まで絶好条件も一転… 桐生祥秀、また風に泣く 今季国内戦すべて向かい風

関東学生対校選手権(日産スタジアム)は26日、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が10秒24(向かい風0.5メートル)で優勝。10分前まで追い風1.5メートルの好条件も一転、気まぐれな風に泣き、期待された日本人初の9秒台はならなかった。

関東学生対校選手権100m、追い風1.5mが一変…織田記念に続き“気まぐれな風”

 関東学生対校選手権(日産スタジアム)は26日、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が10秒24(向かい風0.5メートル)で優勝。10分前まで追い風1.5メートルの好条件も一転、気まぐれな風に泣き、期待された日本人初の9秒台はならなかった。

 桐生がまた気まぐれな風に泣いた。

 午前に行われた準決勝で10秒15をマーク。この時、追い風1.8メートルと絶好の風が吹いていた。午後も追い風が続き、3時05分に行われた女子100メートル決勝では追い風1.5メートルの好条件。しかし、10分後に桐生が走った男子100メートル決勝では、まさかの向かい風に変わった。

 好タイムが出やすいといわれる日産スタジアムだけに9秒台の期待は高かった。だが、同じように高速とラックといわれる4月の織田記念でも15分前に行われたレースは追い風2.0メートルの絶好条件も本番は向かい風0.3メートル。向かい風日本最高記録となる10秒04をマークしていた。

 当時、土江コーチは「ほんの数分前後の追い風で走れていたら……。あの瞬間だけの向かい風。もうちょっとずれていたら、違う展開になっていたと思うけど、それは神様が決めることですから」と悔しがっていた。

 再び風に泣かされる結果となってしまった桐生。今季、国内で100メートルに出場した3戦すべて向かい風となっている。果たして、陸上の女神がほほ笑み、9秒台を出す日は訪れるか。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー